【ロシアW杯南米予選】史上初の敗退を懸念する声も…王国ブラジルは「威信」を取り戻せるのか?

カテゴリ:国際大会

沢田啓明

2015年10月08日

ネイマールをキャプテンに据え、さらに最終ラインを刷新。

コパ・アメリカでは精神面の未熟さを露呈したネイマール。10番のエースとして、そしてキャプテンとして、セレソンを牽引できるか。(C)Getty Images

画像を見る

 準決勝でドイツに歴史的大敗を喫した昨年の自国開催ワールドカップ終了後、闘将ドゥンガが4年ぶりに監督復帰。ブラジルは出直しを図っている。
 
 手始めにドゥンガは、若くてヤンチャなネイマールを主将に指名して暗いムードを振り払う一方で、ワールドカップで「チームリーダー失格」の烙印を押されたCBチアゴ・シウバからキャプテンマークと定位置を剥奪した。
 
 基本システムはルイス・フェリペ・スコラーリ前監督時代と同じ4-2-3-1だが、顔ぶれには小さくない変化がある。とりわけ最終ラインは、前政権下でほぼ構想外だったCBミランダをディフェンスリーダーに指名し、SBも守備を重視して1年前のワールドカップで選外だったダニーロ(右)とフィリペ・ルイス(左)を重用している。
 
 攻撃はワールドカップ当時と同じくハイプレスからのショートカウンターが最大の武器。さらに、後方からのロングボール、中盤でポゼッションして相手を崩し切る形など、オプションにも磨きを掛ける。
 
 エースはもちろんネイマール。さらにここ1年でウィリアンが主力に成長し、残るポジションをドグラス・コスタ、オスカール、ルーカス、ロベルト・フィルミーノ、フィリッペ・コウチーニョ、フッキ、カカ、ルーカス・リマらが争う。
 
 ドゥンガ就任後の強化試合は10連勝し、ワールドカップ準決勝の「1-7ショック」から立ち直りつつあった。しかし、コパ・アメリカは準々決勝でパラグアイにPK戦の末に敗戦。しかも、その前のグループリーグ・コロンビア戦後では、ネイマールが悪態によって4試合の出場停止処分(W杯南米予選の最初の2試合まで適応)を食らうなど、後味が悪かった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ