「コパ・アメリカ > ワールドカップ」 コパの魅力は3つの「面白い」――現地取材ライターが今大会を振り返りながら醍醐味をプレゼン!

カテゴリ:国際大会

熊崎敬

2015年07月05日

選手たちは存分に自分を表現しながら勝負に徹する。

コパ・アメリカは、ワールドカップよりも面白い! 現地取材を続けた日本人ライターが、その魅力を“プレゼン”。 (C) Getty Images

画像を見る

 開催国チリの優勝でハッピーエンドを迎えたコパ・アメリカ。大会を振り返って思うのは、コパはワールドカップよりも面白い、ということだ。
 
 この「面白い」には3つ意味がある。
 
 ひとつ目は純粋にレベルが高いということ。
 
 EURO(欧州選手権)についての記事でよく見かける、こんなフレーズがある。
「EUROはワールドカップよりもレベルが高い。なぜなら、アジア勢やアフリカ勢がいないから、消化試合がほとんどないんだ」
 
 この指摘は、そのままそっくりコパにも当てはまる。
 
 チリ対ボリビア(5-0)、準決勝のアルゼンチン対パラグアイ(6-1)のように大差がついた試合もあったが、ほとんどが接戦だった。
 
 ブラジル・ワールドカップ予選で最下位だったパラグアイが準優勝のアルゼンチンに2点のビハインドから追いついたり、ワールドカップ本大会から遠ざかって久しいペルーがブラジルと最後の最後まで大接戦を演じたりするのを見ると、南米の質の高さを痛感せざるをえない。
 
 ふたつ目の面白いは、プレーが純粋に面白いということ。
 
 南米勢が異なる大陸でのワールドカップでなかなか結果を出せないのは、自分たちが慣れ親しんだ空気の中でプレーできないからだろう。
 
 アルゼンチンやブラジルといった大国でも、ファンは経済的な問題でなかなか応援に駆けつけられない。小国ならばなおさらで、エクアドルやパラグアイなどは雰囲気に呑まれて、よそ行きのサッカーになってしまう。
 
 だが、コパは南米のお祭りだ。南米では出稼ぎも含めて相当数の自国サポーターがスタンドを埋めるため、選手たちは存分に自分を表現しながら、勝負に徹することになる。
 
 いくつかの愉快なプレーがあった。
 
 踊るようにドリブルをするクアドラード。ダニエウ・アウベスは1対1の場面で静止し、右足をくねくねと動かしてみせた。アフロヘアで人気が出たペルーのレイナは、ドリブルにしか興味がない少年のようだった。
 
 こうした選手の素が滲み出るのは、同じ文化を共有するファンに囲まれて試合ができるコパならではだ。

クアドラードの踊るようなドリブル――。同じ文化を共有するファンに囲まれ、選手は思う存分自分を表現する。だからコパは面白い。(C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【コパ・アメリカ現地レポート】チリ、アルゼンチンを下し悲願の初優勝! 「4本のPK」に凝縮された勝因
必見・必読!! 現地取材ライターが選定するチリ発「コパ・アメリカ10大出来事」
【コパ・アメリカ】ぶらり旅@チリ「チリサッカーの原風景、そして“中指”ハラの原点を訪ねて――」
【コパ・アメリカ】カバーニを退場に追い込んだのは「神の指」 開催国チリを4強に導いたDFハラの好プレー!?|現地取材記者が緊急レポート
【コパ・アメリカ】W杯、CL、コパの全てで決勝に進出! 偉大さと進化を浮き彫りにする「メッシの長いシーズン」はA代表初タイトルで報われるのか!?
【コパ・アメリカ】現地取材記者が厳選!「大会ベストイレブン」 南米の最強布陣をセレクト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ