【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の三十八「ストライカー依存」

カテゴリ:特集

小宮良之

2015年10月01日

2部を生き抜くには、ストライカーが戦術の基本となるケースが多い。

アトレティコ・マドリーなどでプレー歴のあるB・バストン。昨季のレアル・サラゴサで23ゴールと爆発し、今季からエイバルへ加入した。(C)Getty Images

画像を見る

 かつてFC東京やC大阪などでも采配を振るったランコ・ポポヴィッチ率いるレアル・サラゴサは、リーガ・エスパニョーラの2部に在籍している。今シーズンは6節終了時点で1勝2敗3分けで17位(22チーム中19位以下が降格)。1部昇格を信じる本拠地ロマレーダのファンは不満を露わにし、すでに監督解任の分水嶺に近付きつつある。
 
 しかし実のところ、この苦境は開幕前から想定できていた。
 
 昨季のサラゴサの総得点は61。ポポヴィッチが採用した攻撃的フットボールによって、1部昇格プレーオフ参入の6位に入った(プレーオフでは最後にラス・パルマスに敗れ、悲願の昇格はならず)。エースのボルハ・バストンが23得点、ウィリアン・ジョゼが10得点、エルディン・ハジッチが8得点、ハイメ・ロメロが7得点。攻撃力が拠りどころだった。
 
 ところが、今季になって財政的に苦しいクラブは3人のFW、ひとりの攻撃的MFを次々に放出。50得点のマイナス(ふたりのMFの2点を含めて)という有様だ。一方で、ふた桁以上取っているアタッカーをひとりも補強できていない。
 
 その結果、6試合でわずか5得点。日本人MF、長谷川アーリアジャスールをポポヴィッチの肝いりで手に入れているが、得点力不足は解消できないだろう。なぜなら、長谷川はゴールゲッターではないからだ。
 
 2部リーグというのは、どこの国であっても多かれ少なかれひとりのゴールゲッターにかかる比重が大きくなる。
 
「ポイントゲッターがいれば、昇格できる」
 
 そこまで楽観的、短絡的な式は成り立たないとは言え、他のポジションと比べた場合、その存在価値は圧倒的に高い。なぜなら2部リーグは選手の質が不揃いであり、1部よりも必然的にミスが多発し、試合は拮抗し、カオスな状況が常態化しているからだ。
 
 各選手の力量に大きな波がある。そうした不安定なチーム状況では、守備の確立やポゼッション戦術の完成はほとんど不可能に近い。“優れたゴールゲッターが相手のミスを見逃さず、ゴールネットに叩き込む”というのが最善の戦術策。結果的に2部を生き抜くには、ストライカーが戦術の基本となるケースが多いのだ。
 
 リーガ・エスパニョーラも例に漏れず、今季1部に昇格したベティス、ラス・パルマスは得点ランキングで1、2位のルーベン・カストロ、アラウホのふたりを擁していた。
【関連記事】
【CLポイント解説】バルサを苦しめたレバークーゼンの「ハイプレッシャー」
【CLポイント解説】ユーベがセビージャを圧倒できた3つの理由
【バイエルン番記者】レバンドフスキの偉業にもペップの胸中は複雑!?……
【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の三十七「機先を制する」
【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の三十六「人材枯渇の裏にある評価の矛盾」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ