【U-18日本代表】10月2日からアジア1次予選 10年ぶりのU-20W杯出場へ求められるものは?

カテゴリ:日本代表

川端暁彦

2015年10月01日

「FWにはなによりゴールを求める」と内山監督。

エースの小川は、磐田戦で1得点、静産大戦ではハットトリックを記録。内山監督の期待に応えてみせている。写真:川端暁彦

画像を見る

 10月2日よりU-19アジア選手権予選(U-20ワールドカップ・アジア1次予選)のグループJの戦いがラオスの首都ビエンチャンを舞台に開幕する。

 5大会、10年ぶりのU-20ワールドカップ出場を目指す日本は、地元のラオスに加えて、フィリピン、そしてアジアの新ライバル・オーストラリアと同居。各グループ1位チームに加えて、2位の上位原則5チーム(全10グループ)が最終予選へ駒を進めるレギュレーションとなっており、確実に予選通過を果たすには1位になる必要がある。
 
 決して楽ではない組み合わせとなったこの戦いに向けて、U-18日本代表は9月21日から静岡県内での合宿をスタート。24日にジュビロ磐田と、26日には静岡産業大とのトレーニングマッチを実施した。酷暑のラオスで中1日での3連戦となる予選に向けて意識されたのは「23人全員の力が必要になる」(内山篤監督)ということ。両試合でコンディション不良の選手を除く全員を起用しつつ、戦備を整えた。
 
 U-18代表の基本システムはオーソドックスな4-4-2で、サイドハーフとサイドバックで両サイドを攻略しつつ、2トップがクロスから仕留めるというのが攻撃の基本的な狙いとなる。2トップは「サイドに流れたり下がったりしなくていいと言われている」(FW小川航基=桐光学園)というように、基本的にペナルティーエリアの幅の中で勝負して、「なによりもまずゴールを奪うことを求める」(内山監督)というやり方だ。
 
 逆に言うと、FWがゴールしなければ話にならない戦術という言い方もできるし、ストライカー不在を前提としないアプローチとも言える。選ばれたFWの4枚がいずれもコテコテのストライカータイプとなっているのも象徴的で、予選では「押し込む中で点を取り切る」(内山監督)ことをまず目指すこととなる。
 
 その意味で言えば、二度の準備試合でエース格の小川が磐田戦で1得点、静岡産業大戦でハットトリックと結果を出したのは頼もしい。本人の手応えも「チームとしてもいい状態だし、周りの選手が前よりも自分の動きを見て出してくれるようにもなっている。予選前に自信も付けられた」と上々の様子だった。
【関連記事】
【U-18日本代表】ライバル豪州を打ち破れるか? U-19アジア選手権予選へ臨む23名を発表!
【SBSカップ】U-18日本代表FW一美和成(大津高)|課題克服の先にある「伸びしろ」への期待
【SBSカップ】最下位に終わったU-18代表。攻守で露呈した軽視できない課題
「圧倒して勝つ」を実現したU-15日本代表。宮代大聖、久保建英ら2000年生まれ以降の新世代が見せた可能性
【日本代表/メンバー予想】大一番のシリア戦には、高さを備えた“切り札”の招集もあるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ