• トップ
  • ニュース一覧
  • 冨安健洋は“強力ライバル”の出現で控えに降格してしまうのか。英国人記者の見解は?【現地発】

冨安健洋は“強力ライバル”の出現で控えに降格してしまうのか。英国人記者の見解は?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2022年08月20日

「トミヤスのほうがはるかに優れている」と指摘した点は?

ホワイト(左)の右SB起用で冨安(右)の立場は…。(C)Getty Images

画像を見る

 トミヤス(冨安健洋)のコンディション不良とマルセイユからレンタルバックされたCBウィリアム・サリバの成長により、アーセナルは開幕2試合で、右SBにベン・ホワイトを起用した。

 昨シーズンはCBのレギュラーだったイングランド代表DFのホワイトは、専門的なSBではないが、ここまでは非常に良いプレーを見せている。空中戦に強く、ミケル・アルテタ監督の守備システムに合っているようだ。開幕節のクリスタル・パレス戦では敵のベストプレーヤーであるウィルフリード・ザハと対峙し、封じ込めた。

 そんななか、4-2で勝利した2節のレスター戦で、74分からホワイトに代わってトミヤスがピッチに立った。約3か月ぶりに復帰に、アーセナルのファンからは大声援。彼が観客のお気に入りであるのは一目瞭然だった。
 

 とはいえ、ホワイトの存在により、故障離脱しても復帰すれば、すぐにポジションがあった昨シーズンまでと違い、今シーズンはレギュラーが確約されていない。

 ただ、遅かれ早かれ、トミヤスが一番手になるのでないかと見ている。彼は1対1の守備にとても強いだけでなく、攻撃力もあるからだ。今シーズンのアーセナルは、多くの試合でゲームを支配できるだろう。攻撃面では、ホワイトよりもトミヤスのほうがはるかに優れている。

 昨シーズンは控えのセドリク・ソアレスが、とりわけ守備面で心許なかったため、万全でない状態で冨安を送り出し、負傷交代した試合もあった。ホワイトがいれば、無理せずに休めるだろう。“強力なライバル”の登場は、日本代表DFにとって、むしろプラスに働くかもしれない。

文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

【動画】「シュートセンスエグい」衝撃のパフォーマンス!アーセナル新エースの2ゴール・2アシストをチェック
​​
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【関連記事】
「ミトマは1対1が強いから準備していた」三笘薫が圧巻ドリブルで決定機創出→痛恨シュートミスの同僚が日本代表MFを絶賛!「彼が来てくれて本当に良かった」
「ミトマは明らかに違っていた」三笘薫、“15分間の衝撃”を英国人記者が語る。「ブライトンの日本人は何者なんだ、と友人が…」【現地発】
冨安健洋の先発復帰はあるか。地元記者たちの見解は?「今はほぼ確実に控え」「選ばれる準備を整えている」
「クボは僕たちのスタイルで重宝される」鮮烈デビューの久保建英を同僚のスペイン代表MFが賞賛!「五輪でも苦しめられた」
「人生でこんなエゴを見たことがない」メッシとネイマールへの敬意を欠いたエムバペの態度を、元英代表ルーニーが辛辣批判!「22~23歳の選手が…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ