【新連載】月刊マスコット批評①「ザクミ」――南アフリカらしさが凝縮された秀逸なセンスが光る

カテゴリ:ワールド

宇都宮徹壱

2015年07月10日

マスコットを批評する6つの指標とは?

ワールドカップではこれまで13種類の大会マスコットが登場したが、南アフリカ大会の『ザクミ』はデザインもネーミングのセンスも秀逸だった。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

ザクミ(2010FIFAワールドカップ・南アフリカ大会)
 
■ザクミの評価(5段階)
 
・愛され度:3.5
・ご当地度:5.0
・パーソナリティ:4.0
・オリジナリティ:4.5
・ストーリー性:4.5
・発展性:4.0

 
 スポーツ界のマスコットは、「チームマスコット」と「大会マスコット」の2種類に大別される。
 
 当連載では、この2種類について国内外を問わず扱うことにする。いわゆる「ゆるキャラ」は、マスコットではない、というのが私の主張なので除外。ただし国体のマスコットに関しては、FC岐阜の応援マスコットに昇格した『ミナモ』の例があるので、ケースバイケースとする。
 
  第1回となる今回は、ワールドカップの大会マスコットにスポットを当てながら、当連載の方向性についてのプレゼンテーションを試みることにしたい。

 ワールドカップのマスコットは、1966年イングランド大会の『ウィリー(ライオン)』を嚆矢とする。以来、2014年ブラジル大会の『フレコ(アルマジロ)』に至るまで13種類の大会マスコットが登場したわけだが、記憶に残る素晴らしいものもあれば、永遠に忘れてしまいたい残念なものもあった。
 
 後者の最たる例が、2002年日韓大会のアトー・ニック・キャズの3人組であったのは、日本のサッカーファンにとって(そして韓国側にとっても)実に不幸なことであった。
 
 私がマスコットを批評する際の指標は「愛され度」、「ご当地度」、「パーソナリティ」、「アクティビティ」、「ストーリー性」、「発展性」の6点。
 
 2002年のマスコットに関しては、大気圏外を出自とする「ストーリー性」は最低限の評価をしてもよいが、アジア初のワールドカップを感じさせる「ご当地度」がまるで見出せなかったのが致命的であった。「押し付けられた共催」を象徴するような、最悪のデザインであったと言わざるを得ない。
 
 逆に「ご当地度」をはじめ6要素を過不足なく満たしていたのが、2010年南アフリカ大会の『ザクミ』である。ヒョウをイメージしたデザイン、そして「ZA(南アフリカのドメイン)」、「KUMI(10の意味=2010年)」を合わせたセンスは秀逸。イエローとグリーンを基調としたカラーリングも、南アフリカの国旗を意識したことが窺える。
 
 ちなみに「発展性」というのは、グラフィックでも3Dでも違和感なく応用が効き、商品化もしやすいこと。「ストーリー性」については当初の設定のみならず、その後のキャラクターの独り立ちも重視している。
 
 デビュー当時は動きが覚束なかったザクミが、努力の末に大会終盤になると小気味良いステップを刻むようになっていたのには、深い感動を覚えた。あれから5年。ザクミは今もアフリカの大地を元気に駆けまわっているのだろうか。
 
宇都宮徹壱/うつのみや・てついち 1966年、東京都生まれ。97年より国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。近著に『フットボール百景』(東邦出版)。自称、マスコット評論家。公式メールマガジン『徹マガ』。http://tetsumaga.com/

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ