• トップ
  • ニュース一覧
  • メッシのオーバーヘッド弾はC・ロナウドの伝説弾より凄い? 激しい論争が勃発!「美しさが違う」「そもそも跳んでないじゃないか」

メッシのオーバーヘッド弾はC・ロナウドの伝説弾より凄い? 激しい論争が勃発!「美しさが違う」「そもそも跳んでないじゃないか」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェスト編集部

2022年08月07日

「ロナウドは1m41cm、メッシは0m0cm」

メッシのオーバーヘッド弾(上)と比較されているのがロナウドの伝説弾(下)だ。(C) Getty Images

画像を見る

 やはりというべきか。論争となっている。

 パリ・サンジェルマンのリオネル・メッシは、現地8月6日に行なわれたクレルモンとのリーグ・アンの開幕戦(5―0で勝利)で、華麗なオーバーヘッド弾を決めた。

 4-0で迎えた86分、ゴールに背を向けた状態で、レアンドロ・パレデスが送り込んだ浮き球の縦パスを受けると、胸トラップから身体を倒すようにしてオーバーヘッド。弧を描いたシュートがゴールに吸い込まれた。

 この鮮烈弾とさっそく比較されているのが、アルゼンチン代表FWの“永遠のライバル”であるクリスチアーノ・ロナウド決めた伝説のオーバーヘッド弾だ。

 まだレアル・マドリーでプレーしていた2018年3月に開催されたチャンピオンズ・リーグの準々決勝、敵地でのユベントス戦だった。右サイドからクロスに対し、ポルトガル代表FWは対空時間の長いジャンプから、見事にオーバーヘッド弾を決めてみせた。

【動画】どちらが凄い? 論争となっているメッシとロナウドのオーバーヘッド弾
 この試合の数か月後に移籍することになるユベントスのサポーターも拍手を送った一撃と、どちらが凄いのか。SNS上では、2つのゴールを対比する写真などが拡散し、激しいバトルが繰り広げられている。

“メッシ派”は「トラップからの流れが最高!」「C・ロナウドより凄いぞ」「ロナウドを超えた」「アイデアが秀逸だ」「美しさが違う」「やはり世界最高はメッシ」などと主張。これに対し、“ロナウド派”は「そもそも跳んでないじゃないか」「比べるのはロナウドに失礼」「本気で言ってるのか?」「ロナウドのジャンプは1m41cm、メッシは0m0cm」と辛辣だ。

 メッシとロナウドはどちらが凄いのか。この永遠のテーマに、「オーバヘッド論争」が新たなスパイスを加えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】サラビア→メッシ→ネイマール!前線3人が絡んだパリSGの先制弾

【PHOTO】スター軍団を一目見ようと集まったパリ・サンジェルマンサポーターを特集!
【関連記事】
「やはり神というほかない」メッシの圧巻オーバーヘッド弾に世界衝撃!「美しすぎるだろ」
高度なパス?トラップミス? メッシのネイ弾“お膳立て”に意見が真っ二つ!「アシスト? なんて茶番だ」「ミスと言う奴はサッカーを知らない」
“怪物”エムバペがユニ交換をしたガンバ戦士は? かつて対戦し、「想像の5倍は上」と脱帽していた…
「怒りを露わにした」メッシがS・ラモスのプレーに苛立って詰め寄る姿に海外反響!「イライラして睨みつけた」
「バルサの時から好き」メッシ&ネイマールで3ゴール・4アシスト! 開幕戦で躍動したパリSGスターの2ショットに反響「聖なる怪物たち」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ