「怒りを露わにした」メッシがS・ラモスのプレーに苛立って詰め寄る姿に海外反響!「イライラして睨みつけた」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェスト編集部

2022年07月26日

「ハードタックル後に緊張が走った」

このメッシとS・ラモスのやり取りが反響を呼んでいる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 パリ・サンジェルマンは7月25日、プレシーズンツアーの最終戦で、ガンバ大阪とパナソニックスタジアム吹田で対戦。6―2で大勝を収め、3連勝でこのツアーを締めくくった。

 海外で話題となっているのが、その前日練習でのひとコマだ。ミニゲームで、リオネル・メッシに対し、セルヒオ・ラモスが強く接触。それでもアルゼンチン代表FWはあっさりかわし、右足でゴールを決めた。

 すると、メッシは厳しい表情で、S・ラモスに詰め寄って何事かを話し、スペイン代表DFはなだめるような仕草をしている。

 英メディア『Sport Bible』は「リオネル・メッシとセルヒオ・ラモスが“不要な”タックルの後に、PSGで初めての議論をしてしたようだ」と題した記事を掲載。次のように綴った。

「メッシとラモスはバルセロナとレアル・マドリーで16年間ライバルだった。ラモスはトレーニングでメッシに立ち向かおうとし、7回のバロンドール受賞者を後ろ足で捕まえた。メッシは得点をした後、すぐにラモスを睨みつけた。ラモスは、メッシの頭に手を当て落ち着かせようとしたが、彼は明らかにイライラしていた」

【動画】S・ラモスにタックルを受け、厳しい表情で詰め寄るメッシ
 記事は、ファンからも「ラモスはレアル・マドリーのフォームに戻り、メッシはバルセロナのモードに戻った」「いくつかのことは変わらない」「すみません、『筋肉の記憶』のようなものでした」といった声があがっていると紹介した。

 また、英紙『Mirror』は、「メッシはトレーニングで衝突した後、セルヒオ・ラモスへの怒りを露わにした」と報道。スペイン・メディア『20minutos』も、「CBからのハードタックル後の、メッシとラモスの間に緊張が走った」と伝えている。

 咄嗟に足を出して止めようとしたS・ラモスに、メッシは「危ないじゃないか」と一言言いたかったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ネイマールとの連係で決めたメッシの美弾をチェック!

【PHOTO】スター軍団を一目見ようと集まったパリ・サンジェルマンサポーターを特集!
【関連記事】
「衝撃的なダイブ」ネイマールのPK獲得シーンに海外メディアから批判相次ぐ!「彼のキャリアの中でも最悪」
“怪物”エムバペがユニ交換をしたガンバ戦士は? かつて対戦し、「想像の5倍は上」と脱帽していた…
前半だけで4失点のG大阪、ハーフタイムにメッシとのユニホーム交換に成功した選手は?
「守備が怖すぎる」ガンバに6発大勝も…パリSGにまさかの批判!「日本で16位のチームに2失点するなんて」
「凄まじい人気ぶり」パリSG日本ツアーの盛況ぶりに、仏メディアも驚き隠せず!「マーケティングの観点からも大成功」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ