元サッカー少年の挑戦「サッカーを諦めた心残りを消して、夢のある競輪で師匠を追い抜く!」

カテゴリ:高校・ユース・その他

2022年07月22日

「いま振り返るとなんで辞めたんかなって思います」

西田優大(にしだ・ゆうだい)。滋賀県、比叡山高校サッカー部出身。24歳。身長:174.5センチ。写真:田中研治 

画像を見る

 高校3年の夏、インターハイでの敗戦を最後に小学校から続けてきたサッカーに区切りをつけた。

 選手権までやり切れなかった――。そんな後悔から自転車を始め、一度はプロチームに所属するも競輪への思いを強め、今年の春から養成所へ。

 懸命にいまを生きる24歳が思い描く、将来の夢。


――サッカー少年だったそうですね。

「小学校2年生のときに、大津市にある滋賀小学校で始めました。1つ上の仲の良かった先輩が先に始めていたので、2年生になったら僕もやると決めていたんです」

――なんていうチームですか?

「滋賀スポーツ少年団です。当時はFWをやっていましたが、みんなでワイワイ、とにかく楽しくボールを蹴っているようなチームでした。成績は、もう全然。県大会に出たことは一度もありません」

――中学校時代は?

「京都サンガとパートナーシップ契約を結んでいる、FC.SETA2002SHIGAというチームでやってました。京都U-15 SETA滋賀と呼ばれることもありましたね。県大会で優勝もしたので、チームは強かったと思います。僕自身は中学で一度ボランチをやって、その流れでサイドバックに。どんどん後ろに下がっていきました(笑)。クラブユースの関西大会で、ガンバ大阪にボコボコにされたのが最高成績です。3年生になって試合にも出ていましたが、そこまで上手い選手じゃなかった。当時のコーチが、僕を過大評価してくれていたんだと思います」

――高校はサッカー推薦ですか?

「はい。滋賀県は草津東や野洲、最近では近江が強くて、比叡山高校は昨年度のインターハイに初出場したくらい。県内2番手の選手が集まっているようなチームでした」

――3年間やり切った感じですか?

「いや……夏のインターハイ予選で負けて引退しました。僕たちが2年生のときに監督が代わって、なんか合わないなぁと思って、『インターハイが終わったら辞めようか』って何人かと話していたんです。夏に引退したときは『ようやく辞められた』と思ったんですが、いま振り返るとなんで辞めたんかなって思います。合わないからといって、最初から監督に反発するような心の持ち方は良くなかったな、と。いまなら分かるんですけどね」

――卒業後は関西大学へ進学されますが、大学で自転車部に入った理由は?

「やっぱり、高校のときに選手権までやり切った仲間がいたなか、途中で辞めた心残りがあったんですよね。部活に入ろう、大学から始めてもついていけるものってなったとき、自転車競技は大学から始める人が多いと聞いたんです。あと、ちょうど『弱虫ペダル』を読んでいたので、楽しそう、行くしかないって感じでした」
 
【関連記事】
元サッカー少年がケイリンへ挑戦 日本競輪選手養成所 第121回生 中山拓人 インタビュー
元Jリーガー北井佑季、競輪選手へ。現役引退の決断と競輪転身への覚悟。「チャンスは一度きり。だからやるしかなかった」
【プロアスリートとして生きていく!】日本競輪選手養成所 第117回生 原 大智 平昌五輪メダリストの挑戦
【元サッカー少女の挑戦】 「圧倒的なスピード感! 一瞬で、私の夢になりました」 日本競輪学校 第116回生 高木佑真
【プロアスリートとして生きていく!】日本競輪選手養成所 第117回生 吉田勇気 「がむしゃらに、泥臭く」
【元サッカー少年の新たな挑戦】「サッカー人生に悔いはありません。これからは競輪でトップを目指します」~日本競輪学校 第115回生 寺沼拓摩

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ