バルサへの移籍を希望するB・シウバ。F・デヨング売却に否定的なシャビ監督も「彼を後釜に迎えられるなら」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年06月23日

昨夏よりも実現の可能性が高まっている

B・シウバのバルサ移籍は実現するのか。(C)Getty Images

画像を見る

 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)とともに、ここ数日、バルセロナの獲得候補としてメディアを賑わせているのがマンチェスター・シティのベルナルド・シウバだ。

 フレンキー・デヨングの売却に否定的と伝えらえるシャビ監督も、現地紙『ムンド・デポルティボ』によれば、「後釜にB・シウバを獲得できるなら売却もやむを得ない」と語っているという。

 指揮官がとくに評価しているのが、B・シウバのパスコースを作り、ボールを受けるタイミングを見極める能力だ。自身も現役時代にインサイドハーフとして活躍したからこそ、そのポジションでプレーする選手に対してとりわけ要求度が高くなっているが、B・シウバであれば、その役割が務まると考えている。
 
 B・シウバは昨夏もバルサの獲得候補に挙がったが、財政難により高嶺の花の域を出ることはなかった。ただし、いまバルサ経営陣が金策に走っているのは周知の通り。同じくムンド・デポルティボ紙によると、シャビ監督は「B・シウバがバルサへの移籍を希望している」との情報を把握しているという。

 金策次第という状況に変わりはなく、あくまでもF・デヨングの放出が前提となるが、昨夏よりも実現の可能性が高まっているのは間違いなさそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
久保建英に“ゾッコン”の強豪が新天地に浮上!地元紙が報じたマドリーの「レンタル先条件」にも合致「素晴らしい選手になると確信」
控えを受け入れるか、退団するか。シャビ監督の要求を拒否したピケ。「レギュラーの座を脅かす補強はしない」という暗黙のルールも…【現地発】
本人もシャビもバルサ経営陣も残留を望んでいるF・デヨング。ではなぜ“売り”に出されているのか。番記者が裏側に迫る【現地発】
「今年も獲ったどぉ」マドリー中井卓大、地元で釣りを楽しむ様子を投稿!「デカい!」「すごい人にガイドしてもらってますね」
「クロップの評価は的外れ」南野拓実のモナコ移籍に英紙見解「リバプールが放出を悔やむ可能性はある」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ