• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カンボジア戦会見】ハリルホジッチ監督「今後どのような分野を伸ばすべきかを、私は完璧に知っているつもりだ」

【カンボジア戦会見】ハリルホジッチ監督「今後どのような分野を伸ばすべきかを、私は完璧に知っているつもりだ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年09月04日

「3点しか取れなかったのだから、満足はしていない」

選手たちに多くのことを求めたハリルホジッチ監督。本田が決めた1得点目のように、ボランチに入った長谷部と山口にもミドルシュートをもっと打ってほしかったという。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 選手たちには勝利を要求し、そして勝利を手にしました。彼らも少しプレッシャーを感じていたのではないでしょうか。戦う意識はかなりあって、本当に素晴らしいものでした。多くのチャンスを作っていたのでもう少し得点できたと思いますし、3点しか取れなかったわけですから満足していません。今日は運もなかったと思いますけど、しかしそうは言ってもビッグチャンスを作っていたのであれば、もっと得点は取れました。

【PHOTOギャラリー】日本 3-0 カンボジア
 
 ディフェンス面に関しては、本当に素晴らしい働きをしてくれました。相手は2本以上連続でパスをつなげられなかったのではないでしょうか。またかなりの数のセンタリングを上げることができましたが、しっかりとしたポジションが取れていませんでした。その点に関してはたくさんトレーニングしていかなければいけません。今度はアウェーでふたつめの勝利を奪いにいかなければいけません。
 
――斜めにクロスを上げて、ヘディングで狙わせるというパターンが非常に多かった印象です。監督から見て、攻撃のバリエーションの満足度はどの程度なのでしょうか?
 
 多くのことを発展させるために、いろんなことを要求しました、みなさんが見られたとおり、ミドルシュートもそのひとつです。みなさんに考えてほしいのは、カンボジア代表はかなり引いていました。そしてグラウンドがかなり滑っていて、パスも滑りました。特に要求したのは、ボールホルダーと受け手のコンビネーションですね。
 
 例えば武藤です。彼にこそ、この試合で活躍してほしかったんですけど、ちょっと早く前に行ってしまったり、もしくはちょっと遅すぎて後ろにいたりというのがありました。ただ、攻撃のバリエーションはかなりあったと思いますし、そこは満足しています。
 
 ボランチのふたりにもチャンスがあったので、ミドルシュートを打ってほしかったですね。そういう意味でも日本代表にはまだまだ伸びる可能性があると思っています。もう少しトレーニングする時間が欲しいです。こうやってボードで説明するのは簡単ですが、そうではなくてグラウンドでトレーニングしていかなければいけない。
 
 前から言っていますが、本当に時間がありません。彼らには「6秒、7秒以内にボールを奪いなさい」と言っていましたが、3秒で奪っていました。その点でももっと伸びていくと思います。そして、どのような分野を伸ばさなければいけないかを、私は完璧に知っているつもりです。
 
――次のアフガニスタン戦に向けて、得点力をさらに高めるためにはなにが必要だと感じていますか?
 
 アフガニスタンもおそらく引いてくるでしょう。同じような状況になると思うので、勝ちにいくことを要求します。私のサッカーの哲学を日本代表にもたらしていきたいと思っています。今日もビッグチャンスを10回以上作りましたが、まだ完璧ではありません。そして相手は1回も我々の16メートルのなかに入っていない。
 
 それでも、彼らに求める理想はまだまだ高い。我々はこの正のスパイラルを続けたいなと思います。そうしていくうちに自信がつくでしょう。
 
 今日の試合のビッグチャンスに関しては、少し慌てた、もしくは悪い選択だったというのもあるかもしれません。ゴール前でもう少し冷静さを持ってほしい。香川にしても、本当にあと少しの正確さがあれば得点を奪えましたが、まだ足りない。ただ、それは改善されていくでしょう。その点は楽観的に考えています。
 
――最初に『少し選手はプレッシャーを感じていた』と言っていました。それは監督が厳しい要求を出しているからなのか、あるいは東アジアカップで勝てなかったなどの状況からきているのか。選手はどこにプレッシャーを感じていたと思いますか?
 
 シンガポール戦の後ですね。全員が結果を飲み込めない状況でした。私に関しても、今年の夏はシンガポール戦の引き分けを引きずって生活していました。選手は今日の試合で本当に勝ちたかった。そしてその気持ちが良かったのです。
 
 ボールを奪うとか、そういった気持ちのところも凄かった。3秒、4秒でボールを奪えたと思います。「やり返すんだ」という気持ちが彼らからは見えました。そしてこれは、全スタッフ、そしてサポーターも同じでしょう。
 
 おそらくそういったこともあって、少し慌ててしまうとか、不確実性があったのかもしれません。もちろんもっと得点を取って勝つのは理想ですけれども、でも今夜はネガティブにはなれないですね。もう「おめでとう」とだけ言いたいです。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない
【日本 対 カンボジア】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
本職のトップ下で輝けなかった香川真司。背番号10のジレンマは続く
「チャンスの作り方が、あまり上手くない」。エース本田が語った根深き課題とは?
【日本代表】黒子役を意識する山口蛍。それでも失われないゴールへの意欲
吉田麻也の鮮やかなミドル弾を巡る問題提起――CBのシュートが「お手本」となる状態は健全か?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ