“日大藤沢のハーランド”森重陽介。198センチのストライカー兼CB、二刀流プレーヤーが持つ規格外のスケール

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2022年06月01日

理想の選手の1人はハーランド。そのほかにも…

日大藤沢の最前線に立つ身長198センチの大型ストライカー森重。写真:安藤隆人

画像を見る

 日大藤沢の最前線に立つストライカー、森重陽介の身長は198センチ。2メートル近い大型ストライカーが軽やかに宙を舞って制空権を握り、ボールを持てば繊細な両足のボールタッチでドリブルとパスを駆使し、攻撃のリズムを作り出す。

 その高さとプレースタイルは194センチのハーランド(ドルトムント、来季はマンチェスター・シティ)を彷彿させる。本人に話を聞くと、やはりハーランドが理想の選手の1人であった。

「ハーランドとレバンドフスキ(185センチのストライカー、バイエルン)はボールをもらう前の動きが多彩で、ほとんどがワンタッチゴール。僕もヘッドだけではなく、背後に抜けて、ワンタッチのゴールだったり、足先で触るゴールをどんどん増やしていくことができれば、高校年代であればもっともっとゴールが奪えるし、怖いFWになれると思う。目ざす姿に近づきたいと思います」

 また、もう2人、参考にしている選手がいるという。

「マンチェスター・Cのラポルトのパス出しは参考にしていて、球際などの守備の粘り強さという面では、ファン・ダイク(リバプール)を参考にしています」

 ラポルトは191センチの高さを誇るCBで、攻守両面において空中戦で強さを発揮し、左足の正確なパスと展開力でビルドアップの中枢を担う選手。ファン・ダイクは193センチのCBで、鋭い寄せとボール奪取力が光る世界的な名手である。

 なぜこの2人を挙げるのか。それは森重がFWとCBの両方をこなす二刀流の選手だからだ。
 
 東京ヴェルディJrユースに入った段階で、すでに身長は180センチあった。当時はSBやボランチをやっていたが、成長期特有のオスグッド(ひざの痛み)に見舞われ、今のような俊敏性が影を潜めていた時期もあった。そのなかで190センチを超えた中3のときにCBに転向すると、これまで磨いてきた両足のキックとボールコントロールを生かして、ビルドアップと展開力を武器に力をつけてきた。

 日大藤沢でも当初はCBとしてプレーしていたが、高1でのルーキーリーグ最終節に小学校以来となるFWで起用されると、それ以降はFWとCBの二刀流が始まった。

 昨年から今年にかけてはFWでの起用がメインになっているが、J1、J2クラブの練習に参加した際は、FWとして評価されながらも、チームの事情もありCBとしてプレーした。

「僕としてはFWとCB、どちらでも問題ありません。FWなら責任感を持ってゴールに直結するプレーをしないといけないし、CBであればもっと身体を張ったり、正確なロングフィードなどを出したいと思っています。チームの勝利に貢献できればどこでもいいんです」
 
【関連記事】
「猛烈すぎる!」日本の高校女子サッカーの52対0に海外衝撃!「プレーするのが怖くなった」
プロ注目の“超高速ウインガー”やC大阪入りを決めた大器も! 2022高校サッカー逸材300選~九州編
チェイス・アンリはいかにしてシュツットガルト入団を果たしたのか。尚志高での3年間の驚くべき“急成長”をひも解く
「監督のことが嫌いなんでしょ」城彰二がセレッソ乾貴士の規律違反行為に独自見解。100万円の罰金処分を受けた自身の過去も告白
「ほとんど認識不能」セルティック古橋亨梧、まさかの“変貌”に英国騒然!「まるで別人のようだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ