「リベンジという表現は強すぎる」リバプールFWマネがマドリーとの再戦を前に語った本音。「うちはプレッシングだけじゃない」【インタビュー】

カテゴリ:ワールド

エル・パイス紙

2022年05月28日

「セネガルの夢の実現に貢献できてとても嬉しかった」

CL決勝前にインタビューに応じたマネ。(C)Getty Images

画像を見る

 今シーズンのFAカップとUEFAカップを制したリバプールは現地5月28日、3冠を懸け、パリ近郊サンドニのスタッド・ド・フランスで開催されるチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝で、レアル・マドリーと対戦する。

 4年前のCLファイナルで敗れた“白い巨人”への雪辱を期すリバプールで、鍵を握る選手のひとりがFWサディオ・マネだ。セネガル代表の一員として今冬に制したアフリカ・ネーションズカップに続くビッグタイトル獲得を狙うアタッカーに、スペイン紙『エル・パイス』がインタビューを実施。大一番を前に語った貴重な声をお届けする。

―――◆―――◆―――
 
――選手というのは時に自分自身に対して何かを証明する必要があります。セネガル代表がアフリカ・ネーションズカップで優勝したことであなたは自分自身に対して何を証明したのでしょうか?

「サッカーを愛していることとできる限り長くプレーしたいということだ。チャンピオンズ・リーグ、プレミアリーグ、アフリカ・ネーションズカップ、ワールドカップなど、その間、1つでも多くのタイトルを獲得したい。プロである以上、毎試合ベストを尽くさなければならない。チームのレベルアップに貢献し、より良い選手になるために行動する覚悟があることを自分自身に証明したい」

――アフリカ・ネーションズカップの決勝では(同僚の)モハメド・サラーを擁するエジプトを破り、あなたは大会最優秀選手に輝きました。セネガルはカタール・ワールドカップ最終予選でも同じくエジプトを倒し、本大会出場を決めました。 サッカーの歴史の浅いセネガルの小さな村、バンバリに生まれたあなたにとって、これはどういった意味を持つのでしょうか?

「簡単なことではなかった。僕のルーツはとてもとても遠いところにある。だからこそここまで来ることができたのは、僕にとってはとても特別なことなんだ。これは夢だ。セネガルの夢の実現に貢献できてとても嬉しかったし、モチベーションの喚起にもなった。そう考えると、チャンピオンズ・リーグで優勝することは、バンバリ生まれの人間がプロ選手になることと比べれば、それほど難しいことではないのかもしれない」
 
【関連記事】
「ファーストタッチが上手いし、まじで柔らかい」南野拓実が練習で最も衝撃を受けたリバプールの同僚は?「今まで見た選手の中で一番…」
「クロップは他の監督と何が違うの?」南野拓実が内田篤人に明かした名将の素顔と凄さ。「日本人にはいない」
「ハンサム」「美人」マドリー中井卓大、スーツ姿で姉との2ショットを披露!乾貴士も反応!「知らない人が見たらいいカップル」
「全ての能力をハイレベルに備えている」南野拓実が“W杯の注目選手”に挙げたリバプールの同僚は?「見ていて面白いと思う」
「サウサンプトンでは素晴らしかった」南野拓実、約25億円の価格設定は妥当と元プレミア戦士が見解!「エリクセンの代役になれる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ