【日本代表】カンボジア、アフガニスタン相手にベストメンバーは必要か? 明日発表の招集メンバーを予想

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年08月26日

シンガポールやシリアに手も足も出ないチームに苦戦するようでは話にならない。

シンガポール戦のドローに続き、東アジアカップでは最下位。不振続きの日本だが、明らかな格下相手にどんなメンバーで臨むのかは注目されるところだ。

画像を見る

 ワールドカップ・アジア2次予選のシンガポール戦に続き、東アジアカップの3試合でも白星なし。停滞感が漂うなか、ハリルホジッチ監督率いる日本代表は9月3日にカンボジアとホームで、同8日にアフガニスタンとアウェー(※政情不安によりイランでの開催)でワールドカップ予選を戦う。
 
 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選は、各グループ(A~H)の1位に加えて、同2位の8か国のなかで上位4チームが最終予選に進むシステムになっている。つまり、日本が無条件で最終予選に進出するためにはグループEで1位になるしかないのだ。
 
 6月にシンガポールとホームで引き分けた日本がグループの1位を狙ううえで、もはや1敗も許されない状況だろう。小さくないプレッシャーがかかるはずだが、それでもアジア2次予選でシンガポールに0-4と敗れたカンボジア、シリアに0-6と手も足も出なかったアフガニスタンに苦戦するようでは話にならない。
 
 正直、この2か国(カンボジアとアフガニスタン)になら欧州組を呼ばなくても勝てるはずだ。チーム力の底上げを考えて、東アジアカップのメンバーで戦う手もあるだろう(その可能性は限りなく低いだろうが)。
 
 ハリルホジッチ監督は「ロシア・ワールドカップの(グループステージでの)3試合に向けて準備をする」と言っている。本大会出場ではなく、ロシアの地での躍進が最大のミッションなら、3年後を見据えたチーム作りを推し進めるべきだ。
 
 つまり、3年後に34歳になる長谷部(ボランチ)、32歳になる本田(右ウイング)や岡崎(CF)らの後釜探しは、今のうちから計画的に進めるべきだということだ。その意味で、20代前半から半ばのロンドン五輪世代、さらにひとつ下のリオ五輪世代から何人招集されるのか、そのなかから誰がスタメンに抜擢されるのかは今回の大きな見どころだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ