• トップ
  • ニュース一覧
  • 【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|テロ騒ぎにも平常心で…9月には再びタイで指揮を執るだろう

【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|テロ騒ぎにも平常心で…9月には再びタイで指揮を執るだろう

カテゴリ:特集

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月25日

次回のコラムでは良い報告ができると思う。

8月17日にバンコクで起きたテロ事件直後の現場の様子。多数の死傷者を出した事件の犯人はいまだ捕まっていない。(C) Getty Images

画像を見る

 8月17日、バンコクでテロが起きた。
 
 心配してくれた多くの友人たちからメールなどで連絡をもらい、本当に周りの人たちへ感謝しなければいけない。暗いニュースのなかにも勇気をもらい、僕自身、より「やらなければ!」という気持ちを強くしている。
 
 未だ犯人は捕まっておらず、日本では心配している人は多いと思うが、国内には動揺は感じられず、僕の周りはいつもと変わらない。これもメディア報道を通してのギャップのようなものかもしれないが、過剰に受け止めずに安心まではいかなくても、そこまで心配せずとも大丈夫だと思う。
 
 とは言っても異国の地、なにが起きてもおかしくはない。そう考えると、一日一日を自然体に全力でやり通すことが、なにより大事に思えるのだ。
 
 8月は僕にとって夏休み期間のようなもので、上手く時間を費やすことができた。サッカースクールで少年たちを教えたり、若い選手を指導してチーム作りの手助けをしたり、試合の生観戦やクラブ幹部へのプレゼン、知人や友人とたくさんの話をし、静岡から来たサッカー関係者をチェンマイアンバサダー(自称)としてチェンマイを案内したりもした(ちなみに静岡県選抜の中学生も来ることになっていたが、テロ事件によって中止になった)。
 
 そして心身統一の練習を積極的に行ない、次への準備は充分なほどできた。9月には、またピッチの上で指揮を執れればと思っている。
 
 このコラムの掲載後には次に進む道がハッキリすると思うが、次回は良い報告ができるだろう。良い報告とはもちろん、監督としてチームの指揮を執るということ。まだどのカテゴリーになるか、どのクラブになるかといったあたりは決まっておらず、ここ数日で明らかになるはず。
 
 オファーのなかには総監督の依頼、監督として明確な短期ノルマで指揮を執るもの、監督として来季を見据えたものがあったが、今月中には先方に僕の意思を伝え、次の仕事が決まることになる。
 
 チェンマイに来て丸8か月が経とうとしている。住んでいたマンション(コンドミニアム)も引き払い、今は次の準備、拠点を移すためにホテルへ移った。もうひと踏ん張りし、僕はタイで自分の野心を追求したいと考えている。
【関連記事】
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|終戦記念日をチェンマイで迎えて
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|ムエタイから学べるサッカーの動き
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|成長と勝利を求めるなら「教える」ことを恐れてはいけない
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|元Jリーガーの存在感とタイ・サッカーのレベル
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|チェンマイFCでのチャレンジを終えて
【柏】ACL広州恒大戦スタメン予想/大谷が別メニュー調整。キャプテン不在となれば苦戦は必至か
【柏】ACL、第2ステージで結果を残せるか? 吉田監督の抜擢で始まった育成組織・トップ一貫化への道
【韓国メディアの視点】現地専門誌記者がG大阪に警告「全北の攻撃力は城南やソウルとは次元が違う」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ