【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|ムエタイから学べるサッカーの動き

カテゴリ:特集

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月11日

50歳になってできた新しい友人はムエタイの師匠。

熱気溢れるムエタイの試合会場。国民的スポーツであるだけに、ビッグマッチともなれば盛り上がりも尋常ではない。

画像を見る

 先週の日曜日はサッカー観戦をせず、タイの国民的スポーツであるムエタイのビッグマッチを友人と一緒に観戦しに行った。
 
 18時30分スタートが30分遅れ、19時から試合が始まり、子ども、女子、男子の前座試合とタイトルマッチも含め4試合を見た。
 
 一緒に行った友人とはチェンマイで知り合い、ムエタイにも深い関わりがある。彼は若い頃、ムエタイの選手でもあり、1993年にはK1に誘われたこともあるほどの格闘家だ。
 
 その友人との出会いは、彼がD1の4節・スコータイ戦をチェンマイFCのホーム700年記念スタジアムに観戦に訪れた時のことだ。試合は2-2の引き分けに終わり、彼が帰路に就こうとした瞬間、相手スコータイのベンチ前でチェンマイFCの選手と相手監督が揉め、乱闘になりそうになった。その時、一番初めに反応し相手ベンチに駆け寄った自分を見て、「この人は面白い、違うぞ!」と思ったようで、サポーターへの挨拶が終わった後、声を掛けてくれた。
 
 元々、彼は中学の教員であった頃、サッカー部の監督をやっていたのだが、同時にチェンマイにあるジムに通って自らのムエタイを極めようとしていた。とりわけ夏休みは、部活はコーチに頼み、1にムエタイ、2にサッカーというスタンスを貫く珍しいタイプの教員だったらしい(笑)。チェンマイには20年前から縁のある友人だが、現在は教員を退職して、1年前からチェンマイに住み込んでいる。
 
 僕より年齢はひとつ上であり、お互いに50歳になって新しい友人ができるのは珍しいが、そうした縁でムエタイについても学ぶ機会が増えた。
 
 そんな彼がひとりの女子大生にムエタイをレッスンしている。毎朝、月曜日から土曜日まで朝の7時から1時間半程度、彼の住むマンション横の芝生スペースを使って、内容は体験しないと説明は難しいが、心身統一させる動きの練習から実戦のミットまで……。
 
 僕も3月下旬から参加させてもらってきた。今は毎朝、このトレーニングから1日をスタートさせている。彼女が一番弟子、僕が二番弟子だ。
 
 そしてこの練習は、どのスポーツにも通ずる動きだと思い、僕の友人たちにも紹介して、今までに数多くの人が参加している。
【関連記事】
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|成長と勝利を求めるなら「教える」ことを恐れてはいけない
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|元Jリーガーの存在感とタイ・サッカーのレベル
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|チェンマイFCでのチャレンジを終えて
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|大差が付いても闘う姿勢を失ってはいけない!
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|自分でアレンジする楽しさ、素晴らしさを知る
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|我が家の教えとタイ人の「スマイル」
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|タイの市場で僕が思うこと

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ