【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|終戦記念日をチェンマイで迎えて

カテゴリ:特集

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月18日

未来を良くするために大切にしなければならない日。

チェンマイで行なわれた戦没者慰霊祭。この地でも多くの人々が戦争で命を落としている。

画像を見る

 8月15日の終戦記念日、僕はチェンマイで、インパール作戦によって戦死した日本兵が眠るお墓のあるお寺の『戦没者慰霊祭』に、友人に誘われて参列した。チェンマイは、インパール作戦でインドやビルマに出撃して行った日本兵たちが撤退してくる場所であったのだ。
 
 僕自身、チェンマイにそうした歴史があったことは知らなかった。節目となる戦後70年の年にそんな場所へ連れて行ってくれ、終戦記念日にこうした式典が行なわれていることを教えてくれる人に出会えたことで、また戦争というものについて考え、感じることができた。そしてこういう機会を得られたのも、やはりこのチェンマイに監督として来たからに他ならない。
 
 慰霊祭は、日本からのテレビ(NHK)中継が日本時間の午後0時(タイ時間午前10時)からあり、それを日本人とタイ人の約100人の参列者が視聴することから始まった。
 
 中継の冒頭では『君が代』の斉唱があり、自分としてはジーンと来るものがあった。それは戦争という過去や終戦記念日ということとは別に、自分自身が日の丸を背負い日本の代表として戦った日々を思い出させるからだ。また『君が代』ではないが、タイリーグの試合前にはタイ国王讃歌が流れ、それに気持ちを高ぶらせて戦ったそう遠くはない過去も思い出させてくれる。
 
 そんな自分が久しぶりに『君が代』を耳にし、歌った。日本人である自分を再認識するとともに、この8月15日の尊さを感じることになった。
 
 戦争の終結を迎えたこの日に対して、多くの人々が様々な想いを抱くはずだ。国内では多くの賛否両論が巻き起こるのだろう。
 
 現在を生きる僕らは、当時の戦争を、起きてしまった過去として見ている。だから、その当時に必死に日本のために生きた日本人たちに、日本人の僕たちが悪く言うことはないだろう。それよりもこの日が普通の日で通り過ぎ、今の若者がなにも感じることなく、時間が過ぎてしまうことのほうに違和感を覚えてしまうのだ。
 
 この慰霊祭には、僕の友人が20代の若者3人と30代のひとりを誘い、僕が日本から来た63歳の友人を誘って7人で参列した。友人は、10年近く毎年訪れているというが、今までで一番人数が多かったと言っており、誘ってもらった若者は彼に感謝していたと言っていた。
 
 小さな出会いに小さな出来事だったかもしれないが、お互いの人生にとって大きなことだったと思う。僕も誘ってくれた友人に感謝している。
 
 僕はあまり過去について思うことはない。もちろん戦争の過去を風化させないことは大事だが、未来にも目を向けたい。きっと、当時の日本人も未来のために現在を必死に生きたと思う。そして、未来を良くするためにこの日(過去)を大切にすることは、やはり必要だ。
【関連記事】
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|ムエタイから学べるサッカーの動き
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|成長と勝利を求めるなら「教える」ことを恐れてはいけない
【指揮官コラム】特別編 三浦泰年の『情熱地泰』|元Jリーガーの存在感とタイ・サッカーのレベル
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|大差が付いても闘う姿勢を失ってはいけない!
【指揮官コラム】チェンマイFC監督 三浦泰年の『情熱地泰』|自分でアレンジする楽しさ、素晴らしさを知る
ブンデス日本勢 開幕戦のパフォーマンス総チェック! キッカー誌の採点とともに振り返る
現地識者が見たマインツ武藤の開幕戦 それでもあった「2つのアピールポイント」
崩しの端緒を開いた「トップ下香川」 ドルトムントの圧勝を演出!
【プレミアリーグ】岡崎、ヘディングでプレミア初ゴール! レスターを勝利に導く

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ