森保Jが挑む王国ブラジルの最新序列を徹底解剖! カゼミーロ、フレッジ、L・パケタが中盤のベース、ネイマールの配置は…

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2022年05月15日

GKの一番手はリバプールの守護神

ブラジル代表の日本戦招集メンバー27人の序列。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 FIFAランキングで1位に立つ最強のブラジル代表が日本にやってくる。6月2日にソウルで韓国代表と、同6日に東京の新国立競技場で日本代表と対戦するが、この2試合でネイマール(パリ・サンジェルマン)ら27人の招集メンバーをチッチ監督がどう振り分けるかは不明だ。
 
 ブラジルにとってもカタール・ワールドカップへ向けた貴重な強化試合であり、2試合でターンオーバーに近い使い分けをしてくると考えられるが、これまでの起用法などから今回招集された27人の現時点の序列を考えた。

 準々決勝でベルギーに敗れた2018年ロシアW杯でも指揮を執っていたチッチ監督だが、さすがにあれから4年が経っているので、より参考にしたいのは昨年11月に行なわれたコパ・アメリカ決勝のアルゼンチン戦。そしてカタールW杯出場を決めた南米予選のコロンビア戦だ。

 過去にない快進撃で、5試合を残して予選突破を決めてしまったので、それ以降はアルゼンチ戦も含めて、テスト色の強い選手起用が多く見られた。そこでアピールした選手や、所属クラブでのパフォーマンスで評価を上げた選手もいるかもしれない。だが、やはり上記の2試合が序列を考えるベースになってくる。
 
 GKはコパ・アメリカ決勝がエデルソン(マンチェンスター・C)で、南米予選のコロンビア戦がアリソン(リバプール)だった。そして昨年9月に行なわれたペルー戦では、ウェベルトン(パルメイラス)が起用されている。

 ただ、W杯予選で突破が決まったあとの5試合のうち、4試合でアリソンが出場しており、今季CL決勝を戦うリバプールの守護神が一番手と見ていいだろう。二番手はエデルソンだが、ウェヴェルトンも逆転可能な位置にいるはずだ。

 右SBのファーストチョイスはダニーロ(ユベントス)か。しかしながら東京五輪でオーバーエイジとしてU-24ブラジル代表の金メダル獲得を支えたダニエウ・アウベスも、昨年末にバルセロナに復帰して健在ぶりを示している。半年後のコンディション次第では、カタールW杯の開幕スタメンを果たしていてもまったくおかしくない。

 CBはマルキーニョス(パリSG)とチアゴ・シウバ(チェルシー)のコンビがほぼ鉄板だ。ただ、現在37歳のT・シウバは年齢的なこともあり、半年後を踏まえてアンタッチャブルな存在になっていくことは危険だ。その意味でも現在の三番手と見られる機動力の高いエデル・ミリトン(R・マドリー)、そして大型レフティのガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル)がテストマッチで良いパフォーマンスを出せるかがキーポイントのひとつになる。
 
【関連記事】
「面子えぐいな」「豪華すぎる」森保Jと対戦するブラジル代表、招集メンバー27人にファン反響!
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「なぜミナミノがいないんだ?」ハーランド、マネ、ケイタ…独メディアが選出した“元ザルツブルクのベスト11”、南野拓実の選外が物議!
「めちゃくちゃ上手かった」松井大輔が日本人最強ドリブラー3人を選出! “スペインの成功者”と激賞したのは?
「獲得の可能性はある」セルティックの地元メディアが“5人目の日本人”に推すサムライ戦士は? 「最高レベルのパフォーマンスを見せてきた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ