横浜ユースCB畑野優真がこだわる“声”。「強く言い過ぎてしまう」課題克服へ、OB栗原勇蔵からもらった金言とは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年05月13日

昔から話し好き。中学時代は学級委員長も

横浜ユースの畑野は、強烈なリーダーシップが特長。世代別代表にも選出され、ますます評価を高めている。写真:松尾祐希

画像を見る

 あまりに強気なメッセージに、見ている側は喧嘩にならないか不安になる。グラウンドに響き渡る大きな声。仲間を鼓舞するだけではなく、厳しい言葉でチームメイトに自らの意見を伝える。

「もっと下がれ!」
「前に蹴らなくていい」

 味方との信頼関係があるからこそ成り立っているのだろう。ピッチに立てば、年齢は関係ない。

 横浜F・マリノスユースに面白いCBが台頭した。強烈なリーダーシップで最終ラインを支えるDF畑野優真(2年)だ。

 先述したコーチングはもちろん、182センチのサイズを生かした空中戦にも定評がある。正確なビルドアップで攻撃を支え、利き足ではない左足からのフィードも正確だ。

 昨季はU-16日本代表候補に選出され、今季もU-17日本代表の一員として3月の“J-VILLAGE CUP”に出場。クラブでも大学生やユース中心のメンバー構成ながらU-21エリートリーグで出番を得るなど、評価を着実に高めてきた。

 そのなかで畑野がこだわってきたのが“声”だ。

「中学生の頃から声を出していた。武器は空中戦とコーチングだと言われていたし、自分でも特長だと思っていた」
 
 昔から話し好き。中学時代は学級委員長も任されるなど、ピッチ内外で人前でも臆さずに話すスキルを持ち合わせていた。横浜Jrユース追浜時代から、横浜ユースに昇格してからもスタンスは変わらない。後輩先輩関係なくコミュニケーションを取れるタイプで、ときに厳しいことも言うが、“お山の大将”タイプではない。

「個人的には自分も言ってもらいたいし、自分も言いたい」

 一方的に話すのではなく、仲間と対話しながら、相手にも遠慮せずに厳しい言葉を投げかけてほしいと考えている。想いはチームメイトにも伝わっており、DF池田春汰(2年)も畑野の言葉がプラスに働いていると話す。

「すごく言ってくるので、試合中に喧嘩になることもある。でも、結果的に成長できるのでありがたい」

 ただ畑野は、自身の声掛けにも課題があるとし、試合中に熱くなり、感情的になってしまう点は改善したいと感じている。問題点に気が付いたきっかけは、元日本代表でクラブOBの栗原勇蔵氏だったという。

「先日、チームで栗原さんの講習会があり、そのときにコーチングのことを聞いたんです。僕は結構感情が入ってしまうタイプですが、栗原さんは言葉を選んで言っていると話していました」
 
【関連記事】
3連勝のあとに3連敗…青森山田はなぜ苦しんでいるのか。惜敗の前橋育英戦に見る“絶対王者”の現在地
「オーストラリアよりも尊敬された」前横浜指揮官ポステコグルーが語った日本。“哲学の構築”に活きた3年間とは
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「めちゃくちゃ上手かった」松井大輔が日本人最強ドリブラー3人を選出! “スペインの成功者”と激賞したのは?
日本人選手が躍動するスコットランドで起きた、「日の丸撤去事件」の裏事情【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ