3連勝のあとに3連敗…青森山田はなぜ苦しんでいるのか。惜敗の前橋育英戦に見る“絶対王者”の現在地

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年05月12日

「去年のようにはいかない」と黒田監督も開幕前から危機感

前橋育英戦では“らしくない”守備で3失点。悔しい敗戦も、1点差に詰め寄り、流れをひっくり返すことができたのは好材料だった。写真:松尾祐希

画像を見る

 開幕6戦を終えて3勝3敗。昨季のEAST王者が苦戦を強いられている。

 4月3日に開幕したU-18高円宮杯プレミアリーグEAST。近年、高体連だけではなく、Jクラブに対しても圧倒してきた青森山田がもがいている。キャプテンのDF多久島良紀(3年)が長期離脱で不在とはいえ、これだけ安定しないシーズンは珍しい。

 なぜ、絶対王者は苦しんでいるのか――。理由のひとつは経験値の不足だろう。

 過去のチームは要所にタレントを揃えていた。下級生時からレギュラーとして活躍していた選手も少なくない。とりわけ、昨季のチームは青森山田史上最強と謳われるほど盤石だった。1年次からレギュラーとして活躍してきたMF松木玖生(現・FC東京)と、世代別代表歴を持つ宇野禅斗(現・町田)のボランチコンビはU-18年代屈指の完成度で、脇を固める人材にも事欠かさなかった。

 しかし、今年は2年次からトップチームで一定の出場機会を得ていたのは3人しかいない。しかも、レギュラーはわずかにひとり。昨冬の選手権を負傷欠場した左SBの多久島は離脱するまで主軸を張っていたが、その他のふたりは違う。MF中山竜之介(3年)は怪我人が出た関係で選手権こそレギュラーだったが、1年を通じて活躍はできていない。新チームで10番を背負うFW小湊絆(3年)も主に交代での出場だった。

 メンバー構成を考えれば、チームは一からのスタートと言ってもいい。しかも、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東北新人戦の出場を辞退するなど、オフシーズンに実践の場が限られていた。「去年のようにはいかない」。黒田剛監督も開幕前から危機感を抱いていた。
 
 迎えた新シーズン。チームは開幕から3連勝を果たした。しかし、内容は乏しくない。市立船橋とのオープニングマッチは粘り強い守備で“らしさ”を見せ、2−0で勝利を手にした一方で、攻撃陣はロングスローとPKからのゴールのみ。2節のFC東京U-18戦、3節の大宮U18戦も守備陣が無失点に抑えて1−0で勝利したが、決勝点はいずれもロングスローからだった。

 守備陣も泥臭く守っていたが、4節から6節まで3連敗を喫してしまう。

 とりわけ、6節の前橋育英戦は青森山田らしくない守備が目立つ展開に。序盤から主導権を握られ、相手の素早いパスワークに翻弄される。伝統の“ゴールを隠す守備”が綻び、16分にはサイドを崩されて失点。21分にお家芸のロングスローからMF小泉佳絃(3年)が同点弾を決めたが、42分にまたしてもサイドを突破されて失点。さらに後半開始早々にはGK鈴木将永(2年)のパスミスから加点されてしまう。

 今までのような隙のない戦いぶりからは程遠い。「足が全然止まっていて、セカンドボールを回収できていない」とは黒田監督の言葉。ロングスローを起点に1点を返したが、ゲームコントロールに課題を残し、2-3で敗れた。
 
【関連記事】
U-21日本代表候補を2-0で撃破した全日本大学選抜が強い。守備では広島加入内定DFが、攻撃では柏加入内定MFが活躍
松木玖生はA代表に選ばれるレベルにあるのか?【コラム】
「髪型は10点満点だ」U-21代表チェイス・アンリのシュツットガルト練習合流に現地反響!「未来のダビド・ルイス」
「一番かな」内田篤人がW杯本大会に推すパリ五輪世代の逸材は? 「後ろから押されても、すぅーと…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ