山口の「フィルミーノ」や覚醒の予感漂う香川のスピードスターも! 2022高校サッカー逸材300選~中国・四国編

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2022年05月12日

岡山学芸館の指揮官が一目置くアタッカーとは?

左から、前田(大手前高松)、福田(米子北)、藤澤(徳島市立)、江川(瀬戸内)。中国・四国地域の高校から注目すべきタレントを紹介する。写真:森田将義

画像を見る

 昨年は青森県の強豪・青森山田が高円宮杯プレミアリーグEAST、夏のインターハイ、冬の選手権で頂点に輝き、3冠を達成。高校サッカー界に旋風を巻き起こした。今季は4月にプレミアリーグ、プリンスリーグが開幕。また7月24日に開幕予定の全国高校総体へ向け、すでに地域によっては予選を戦っているチームもある。

 熾烈な争いのなかで、どんな逸材が頭角を現すのか。本稿では、今後プロ内定を勝ち取りそうな大注目のプレーヤーや、春先から一気に評価を高めている上昇株、知られざるダイヤの原石など、編集部が厳選した300人の注目選手を紹介する。第2回目となる今回は、中国・四国編だ。

――◆――◆――
 
※実績の表記は下記の通り。
U-00=年代別日本代表(2020年~2022年実績)、高校選抜=日本高校選抜

【中国・四国】
No.051
MF
福田秀人(米子北/3年/163センチ)
プレースタイル:チャンスメーカー
実績:U-17高校選抜
小柄な体格を苦にしないずる賢さが目を引く選手で、相手が考える裏を常に選択し、見せ場を作る。本職はFWだが、ボランチとしてチームのかじ取り役を任される今年は「間でボールを受けること、シュートに繋がるパスをしっかり出せるよう意識している」と口にする。

No.052
MF
肥塚秀斗(立正大淞南/3年/178センチ)
プレースタイル:ダイナモ
プレーに派手さはないが、彼がいるのといないのではチームが大きく変わる。常に欠かさない予測と初動の速さでピンチの芽を摘み取るボランチだ。昨年末に同タイプである淞南OB稲葉修土(J2秋田)からのアドバイスを受け、回収技術がさらに増した。

No.053
MF
田口裕真(岡山学芸館/2年/170センチ)
プレースタイル:ドリブラー
「相手にボール奪われないところ、1対1の仕掛けの部分が自分の特徴」。言葉通り、高い技術力としなやかな身のこなしを活かしたドリブルは、ピカイチ。入学当初から、高原良明監督が一目置いてきたアタッカーで、鋭い突破でサイドを崩して決定機を量産する。

【PHOTO】2022年の高校サッカー界を彩る注目選手を写真でチェック!~中国・四国編

●北海道・東北編はこちら!
【フォトギャラリー】

●東海・北信越編はこちら!
【フォトギャラリー】

●関西編はこちら!
【フォトギャラリー】

●九州編はこちら!
【フォトギャラリー】
 
【関連記事】
編集部が厳選! 2022年の高校サッカー界を盛り上げる注目銘柄300選~関西編
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
松木玖生はA代表に選ばれるレベルにあるのか?【コラム】
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ