崩しの端緒を開いた「トップ下香川」 ドルトムントの圧勝を演出!

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2015年08月16日

テンポの良いパス回しと連動したプレスでボルシアMGを圧倒。

トップ下で躍動した香川。ドルトムントを快勝に導く活躍を見せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 優勝候補バイエルンの対抗馬を占うオープニングマッチ最大の注目カードで、新生ドルトムントがボルシアMGを4-0と一蹴した。
 
 トゥヘル新監督を招聘したチームが見せつけたのは、華麗さと力強さを融合させた高質なサッカーだ。
 
 4-1-4-1を採用したDFBカップ1回戦とは異なり、香川をトップ下に据える4-2-3-1で臨んだドルトムントは、序盤からエンジン全開。連動したプレッシングで相手に自由を与えず、8分にはショートカウンターからムヒタリアンがネットを揺らした。
 
 これはオフサイドで取り消されたが、15分に正真正銘の先制点をゲットする。バイタルエリアでCBフンメルスから縦パスを受けた香川がダイレクトで丁寧なパスを送り、ロイスがワールドクラスの豪快な一撃をネットに突き刺した。
 
 先手を取ったドルトムントの勢いは止まらない。21分、ふたたびフンメルスのパスを起点に、左SBのシュメルツァーが極上のクロスを送り、頭で合わせたオーバメヤンが追加点。27分には高速カウンターからロイスが決定機を迎え、33分には勝負の行方を決定づける3ゴール目が決まる。
 
 自陣の低い位置にプレスバックした香川とアンカーのヴァイグルがボールを奪い、電光石火の速攻がスタート。ギュンドアンを経由して、裏へ飛び出したオーバメヤンへとパスが繋がり、最後はムヒタリアンが冷静にゴールに流し込んだ。
 
 引いた相手を崩せなかった昨シーズンとは異なり、この日のドルトムントは左右への効果的な揺さぶりを用いながら、遅攻も上手くフィニッシュまで結び付けていた。
 
 その象徴的なシーンが36分。起点を作った左サイドに相手を引き付けてから、右サイドにボールを展開し、右SBピシュチェクのクロスをオーバメヤンがダイレクトボレーで合わせ、相手GKゾマーに冷や汗をかかせた。
 
 ハーフタイムを挟んでも、ドルトムントが試合をコントロールする展開は変わらない。
 
 50分、DFライン裏に飛び出したロイスに香川が絶妙なパスを送り、エースの折り返しをふたたびムヒタリアンがワンタッチでゴールに流し込む。これでスコアは4-0。
 
 ボルシアMGに反撃に打って出る気力も手立てもなく、テンポの良いパス回しとプレスを最後まで継続させたドルトムントが、このまま危なげなく試合を締めてみせた。
 
 先制点をアシストした香川は中盤のボール回しに頻繁に顔を出し、崩しの端緒を開くパスを何度も供給。献身的なプレスでボールを奪うなど、守備面の貢献も光った。
 
 惜しむらくは66分の決定機逸だ。オーバメヤンとの華麗なワンツーからGKと1対1の場面を迎えたが、左足で狙い澄ましたシュートは枠のわずか左に外れた。
 
 とはいえスタメン出場が危ぶまれながら、昨シーズン3位のボルシアMG撃破を演出した功労者のひとりとなり、レギュラー定着に一歩近づいた印象だ。
 
文:遠藤孝輔

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ