伊東純也らを発掘した敏腕スカウトが惚れ込んだ日体大の三浦颯太。“10番”サイドバックの無限のポテンシャル

カテゴリ:大学

安藤隆人

2022年04月28日

すぐに獲得したいとまでは思わなかったが…

日体大で10番を背負う三浦。高精度の左足を持ち、複数のポジションをこなし、推進力あるプレーが魅力の逸材だ。写真:安藤隆人

画像を見る

 これまで伊東純也、佐々木翔、稲垣祥などを発掘し、ここ3年では長谷川元希、関口正大、須貝英大、鳥海芳樹らすでにトップで主要な存在となっている大卒選手を次々とスカウトしてきたヴァンフォーレ甲府の森淳スカウト。すでに彼が来季の戦力として獲得した選手がいる。

 日本体育大の4年、三浦颯太だ。

 左サイドバックで背番号10を背負い、積極的な攻撃参加と精度の高い左足を生かしたダイレクトプレーやクロスを武器とし、縦への推進力を持つ選手だ。

 森スカウトが三浦を最初に見たのは帝京高時代だった。当時、ボランチをやっていた三浦を見て、「左利きで技術レベルの高い、上手な選手だな」という印象を受けたが、すぐに獲得したいとまでは思わなかった。

 だが、そのわずか1年後に印象は一気に深まった。三浦が進んだのは、森スカウトの母校でもある日体大。1年生の時の関東大学リーグ2部の関東学院大戦を視察に行くと、技巧派ボランチが左サイドバックにコンバートされているのに気づいた。

「慣れないポジションのはずなのに、あまりにもスムーズにプレーをしていて、叩いてから前、叩いてから前の大きなワンツーを2回連続でやったシーンを見て衝撃を受けました。ゲームメイクできる選手が縦への推進力もあるのかと」
 
 一気にその才能に惚れ込んだ森スカウトの動きは早かった。それ以降、三浦を徹底マークし、早い段階で甲府の練習に参加させると、俊英レフティは初日でいきなり周りの評価を勝ち取った。練習開始からわずか15~20分後に、サイドの対人練習で左斜め45度から強烈な左足ミドルをゴールに突き刺したのだった。

 それを見た当時の伊藤彰監督(現・ジュビロ磐田監督)がすぐに「森さん、この選手いいね。間違いないですよ」と声をかけてきたという。

 すぐに獲得の方向性が決まったからこそ、昨年6月に2023年シーズンからの内定が発表された。昨年に続き特別指定に登録された今季は、2月のJ2開幕戦のファジアーノ岡山戦で途中出場し、早々にプロデビューを飾るなど、期待値の大きさが伺える。
 
【関連記事】
恵まれた環境で自己研鑽に励む京都内定FW木村勇大。関西No.1ストライカーを育むウタカの“金言”
「生涯忘れない天才的プレー」ヴィニシウスの“先輩”股抜き→50M超え高速ドリブル弾に衝撃!「何年経ってもこの不条理さは記憶される」
「試合中なのに…」セルティック古橋亨梧、先発復帰戦で感動のあまり落涙寸前だった! クラブの公式インタビューで告白
「贅沢すぎる」「日本で見れるの嬉しい」FIFAランク首位の“王国”ブラジルと森保ジャパンの対戦決定にファン熱狂!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ