恵まれた環境で自己研鑽に励む京都内定FW木村勇大。関西No.1ストライカーを育むウタカの“金言”

カテゴリ:大学

安藤隆人

2022年04月25日

「ウタカはめちゃくちゃ頭がいいんです」

木村(右)にとってウタカ(左)は最高の師でありライバル。京都の絶対的エースの存在は大きな刺激とモチベーションになっている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)、安藤隆人

画像を見る

 来季、京都サンガF.C.入りが内定している関西学院大FW木村勇大。“関西ナンバーワン”の呼び声が高いストライカーは、4月16日の関西学生リーグ1部の第2節・大阪産業大戦でスタメン出場し、大学サッカーラストイヤーとなるリーグ戦のスタートを切った(開幕戦は延期)。

「もう4年生なので、今年はチームを引っ張る意識を持つようになりました」

 昨年に続き、2022年も京都の特別指定選手に登録されている木村は、今季すでにプロデビューを飾っている。J1リーグ開幕節の浦和レッズ戦で78分に投入されてトップの舞台を経験すると、続くルヴァンカップ開幕節の柏レイソル戦ではスタメン出場を果たし、8分にプロ初ゴールもマークをした。

 3月には関西選抜のエースとしてデンソーカップチャレンジ福島大会に出場し、チームの優勝に大きく貢献。大阪産業大戦では22分、味方のパスに抜け出すと、飛び出してきたGKを鮮やかな切り返しでかわして、カバーに入った選手の動きも視野に入れて、右足インステップで強烈なシュートをゴールに突き刺した(試合は1−1のドロー決着)。

「シュートの時はかなり冷静にプレーすることができました。(FW渡邊)颯太が追い越してくれてDFを引きつけてくれたので、逆に切り返すことで相手の意表を突くことができた。シュートもインサイドで丁寧に蹴ってしまうとカバーする選手に引っかかってしまうと思ったので、置きに行かないで振り抜きました」

 だが、表情は曇っていた。それは勝ち越し点を決められなかったことにある。

「ウタカだったら必ず決めていたシーンもあった。大学サッカーでは僕にマークが厳しくつきますが、そのなかでも決め切れるストライカーにならないといけないことは、ウタカが常に教えてくれていますので」
 
 木村の中には常に明確な基準がある。今、京都においてJ1トップの7ゴールを叩き出している絶対的なエースストライカー、ピーター・ウタカの姿は、常に木村の大きな刺激とモチベーションになっている。

「ウタカはめちゃくちゃ頭がいいんです。押し込んでいる時に普通のFWだったらディフェンスラインの手前でうろうろするのですが、ウタカはあえてディフェンスラインの裏のオフサイドポジションに入ったり、味方が出せる瞬間にだけ足もとに入るように動くなど、常に駆け引きをしているんです。

 もちろんフィジカルの強さや初速の速さなどもあるのですが、それ以上に経験がものを言っている。自分とボールと味方だけではなく、そこに相手を間に入れて考えている。ストライカーとしての思考が本当に凄いです」
 
【関連記事】
「虎がカワサキにむさぼり食われた」川崎の5発圧勝に敵国マレーシアは衝撃!「ジョホールが崩壊した」
「恥だ!本当に悲惨」“頭に蹴り”のDF解雇で揺れた広州、ACL記録の10連敗&1得点38失点を中国メディアが酷評!「アジアの頂点にいたチームが…」
内田篤人、松井大輔、大久保嘉人、影山優佳がW杯優勝国を大胆予想!2人が本命に推したのは?「対策のしようがない」
セルティック古橋亨梧、先発復帰戦でさっそくゴール! 公式戦17点目、リーグ戦二桁得点に大手
「どれだけ有能なアタッカーか。天国になるかも」南野拓実の獲得を英メディアがリーズに進言!「スアレスと比較されたことも…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ