【東アジアカップ総括】史上初の最下位に見た、かすかな光明と根本的疑問

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月10日

連戦の疲労が、やはり足を引っ張った。

史上初の最下位に終わった今大会。ハリルホジッチ監督が「何日か余分に時間があれば違う結果になっていた」と嘆いたように、強行日程と連戦の疲労で、選手たちはベストパフォーマンスからは程遠い状態だった。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 引き分け以下で最下位が決まる東アジアカップの最終戦は、中国を相手に1-1のドローに終わった。北朝鮮に敗れ、韓国と中国に引き分けて2分1敗で戦いを終えた日本は、“4か国中最弱”という不名誉な称号を頂いたわけだ。

【マッチレポート】日本 1-1 中国

【PHOTOギャラリー】東アジアカップ 第3戦|日本 1-1 中国

 連覇を掲げながらのこの体たらくは、ハッキリ言っていただけない。たとえ、欧州組を呼べずに「8人の新しい選手を招集した」(ハリルホジッチ監督)ニューフェイスだらけのチームだったとしても、1勝もできずに中国を後にしたのは屈辱以外のなにものでもないだろう。
 
 敗因はいくつか挙げられる。新戦力が多く、連係がままならなかったこと。Jリーグとの連戦による疲労の蓄積。戦術練習の時間を取れないタイトなスケジュール。あらゆる面での「準備不足」(ハリルホジッチ監督)が足を引っ張ったのだ。
 
 顕著だったのが北朝鮮戦だろう。開始3分に武藤のゴールで先制したものの、15分もすると勢いを失い、次第に主導権を北朝鮮に譲り渡していく。明らかなガス欠で前線からのプレスに行けなくなった日本は、ロングボールを簡単に蹴られ、CBコンビも「CBふたりで相手のFWを見るべきでした」(森重)と集中力を切らして対応を誤っていた。
 
 ロングボールを蹴らせないように出どころを抑えるのか。それとも、ゴール前を固めて撥ね返すのか。その判断を定められなかったのは、なにも足が動かなかったからだけではない。J1リーグ戦の第2ステージ5節から中2日という疲労が、選手の判断力をも鈍らせていたのである。
 
 守備的に戦った韓国戦はともかく、中国との最終戦では前線からのアグレッシブなプレスや最終ラインの果敢な押し上げが見られた。つまり、コンディションさえ整っていれば、ある程度はアグレッシブな戦い方ができたのだ。
 
 つくづく、十分な準備期間を取れなかった強行スケジュールが悔やまれる。こうした状況を生んだ強化部は、今一度東アジアカップに挑むスタンスを見直す必要があるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ