• トップ
  • ニュース一覧
  • 【東アジアカップ】“ワンタッチゴーラー”の面目躍如──武藤雄樹の視線はすでに2018年のロシアへ

【東アジアカップ】“ワンタッチゴーラー”の面目躍如──武藤雄樹の視線はすでに2018年のロシアへ

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年08月10日

大会得点王にも「両手を挙げて喜べる感じではない」

ゴール正面に走り込んで、米倉のクロスに滑りながら合わせる。武藤の持ち味が凝縮された同点弾だったと言えるだろう。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 0-1で迎えた42分、鮮やかに同点ゴールを沈めた。

【マッチレポート】日本 1-1 中国

【PHOTOギャラリー】東アジアカップ 第3戦|日本 1-1 中国
 
 左サイドを駆け上がる米倉にボールが渡るやいなや、DFとの駆け引きを制してニアに走り込む。完全にマークを外した武藤は、滑り込みながら右足でインパクトし、ニアサイドをぶち抜いた。
 
「(ゴールは)自分の良さが出たと思います。北朝鮮戦の1点目も、レッズでよくやっている形でした。それをここ(代表)でも出せて良かったですし、そこまでつないでくれたみんなに感謝したいと思います」
 
 所属クラブで披露する普段着のプレーでの同点弾。同じような形で決めた北朝鮮戦のゴールと合わせて大会2得点と、代表デビューとしては十分すぎるアピールだ。
 
 とはいえ、その表情は浮かない。
 
「もっと点を取れるチャンスはあったので、決めてチームを勝利に導きたかった。これぐらいの出来では、両手を挙げて喜べる感じではないです」
 
 多くのチャンスに絡んだものの、結局は中国戦も1-1の引き分けに終わった。チームは2分1敗の最下位で大会を去っている。自分が2ゴールを挙げて大会得点王に輝いても、納得できるわけがなかった。
 
「ゴールを決めるという目標は達成できましたが、内容を振り返るとミスも多かった。例えば、(今日の試合では)前半のチャンスでもっと早く打ちきれていたら、後半もファーの空いているほうに狙えていたら入っていたと思います」
 
 それでも、少なからず手応えは得ている。今大会で2ゴールを叩き出した結果と、トレーニングで掴んだ感触は確かなものだ。
 
「代表でプレーして、自分でもできるという手応えは得ているので、これからも呼ばれたい。そのために、またチームに帰って結果を出し、(代表に)呼んでもらえるようなプレーを見せ続けていきたいと思います」
 
 日本代表として第一歩を踏み出し、さらなる欲も出てきた。すでに、視線は遥か先だ。武藤は語気を強めてハッキリと言った。
 
「監督はミーティングの時から『世界で戦うために』とずっと話しています。ロシアに向けての戦いをすごく意識しているので、僕たちもそういうところを目指して戦って行かなきゃいけない」
 
 国内組のトライアルで最もインパクトを残した自信が、いつの間にか意識も変えたのだろう。新参者という感覚は、もはや微塵もない。結果を残し続けて、いずれは「ロシア」へ。
 
 日本屈指の“ワンタッチゴーラー”は、進化を止めるつもりはない。
 
取材・文:五十嵐創(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【東アジアカップ】中国戦を終えて──米倉「左SBでの出場は急に言われましたが、アシストできて良かった」
【東アジアカップ】中国戦を終えて――宇佐美「サイドで出た時には、もう少しバリエーションを持ってやらないといけない」
【日本 対 中国】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評
【日本 1-1 中国】武藤の同点弾も勝ち切れず、最下位に終わる…
【速報】日本×中国|スタメン発表! 今大会初出場の東口、丹羽、米倉がスタメンに
【セルジオ越後の天国と地獄】次のカンボジア戦で勝てなければ「解任」。それぐらいのプレッシャーをハリルに与えてもいいね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ