「青森山田は全然違った…」大津キャプテン森田大智が語る、選手権決勝の衝撃と4年後への想い「ふたりを追い越せると思う」

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2022年01月20日

「全てにおいて青森山田が上回っていた」

大津の10番森田と青森山田の10番松木が競り合う。写真:徳原隆元

画像を見る

 青森山田の優勝で幕を閉じた第100回全国高校サッカー選手権大会。チーム史上初の選手権決勝進出を果たした大津は、決勝で青森山田の前にシュート0と沈黙し、0-4の完敗を喫した。

 大津のキャプテンであり、10番を背負ったMF森田大智は高い技術レベルと視野の広さを駆使して、ボランチの位置からあらゆる場所に顔を出してはボールを集約。相手に奪われない巧みなボールキープと、相手の逆を取るアイデア満載のパスを駆使し、今大会の主役のひとりとして躍動した。

 初のベスト4進出、準決勝の不戦勝、そして決勝の大敗。歴史を塗り替えた喜びと、難しい状況下で行なわれた決勝など、今大会をどう捉え、何を感じたのか。インタビューを行ない、振り返ってもらった。

――◆――◆――
 
「大津として初のベスト8の壁を破り、新国立でプレーできたことは嬉しかったのですが、正直、準決勝を戦いたかった。もちろん一番ショックなのは関東第一の選手、スタッフ、関係者の人たちであることは間違いありません。僕らも1試合でも多くやりたかったのが本音です。なので、決勝に向けて気持ちを切り替えるのは難しかったのですが、平岡総監督、山城監督が僕らのことを気遣ってくれて、いろいろお話もしてくださいましたし、僕らも選手だけでミーティングをしました」

 関東第一の思いも背負って、決勝戦の試合前の集合写真では大津と関東一のタオルを掲げて敬意を表した。だが、待っていた決勝はあまりにも厳しい現実だった。

「決勝では負けて力の差を感じました。全てにおいて青森山田が上回っていた」

 決勝の青森山田戦、森田は前橋育英との準々決勝で負傷した影響もあり、コンディションは万全ではなかった。それでも「相手のダブルボランチと真っ向勝負をして来い」と背中を押してくれた平岡和徳総監督と山城朋大監督の期待に応えるべく、スタートから薬師田澪とのコンビで、相手の松木玖生と宇野禅斗のダブルボランチに挑んだ。しかし、ふたりの圧力、青森山田としての圧力は想像の上を行っていた。

【選手権PHOTO】編集部が厳選したMF編全15選手を総チェック!
【関連記事】
【編集部が選ぶ選手権の大会ベスト11】3年ぶり戴冠の青森山田から最多6人を選出!
「めっちゃ好き」名手・松井大輔がベタ褒めした高校生ドリブラーは? 「空間を切り裂いていくじゃん」
【選手権】取材ライターが選ぶ「下級生ベスト11」! 来季注目のドリブラー、点取り屋、スピードスターらを選出
「4年後に松木君や宇野君と…」大津が奇策を弄せず青森山田に真っ向勝負を挑んだワケとは?
「凄いなぁ…」城彰二が驚いた青森山田・松木玖生の“発言”とは?「彼はスター性を持ってるね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ