【橋本英郎】独断と偏見の“J歴代パサー”ベスト10! ヤット、俊さん、ミツオ、憲剛を抑えての第1位は──【2021総集編】

カテゴリ:連載・コラム

橋本英郎

2021年12月11日

最終ラインから前線までを貫くスルーパスを何度も通された。

左上から時計回りで遠藤保仁、小笠原満男、中村憲剛、そして中村俊輔。いずれもJの歴史にその名を刻む名パサーたちだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今年も残すところあと数週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、FC今治で現役生活を続ける橋本英郎が自身の経験から選んだ“J歴代パサー”ベスト10を再掲する。1位に選んだ選手とは――。

記事初掲載:2021年2月8日

――◆――◆――

 今回のコラムは、僕がかつて共に戦った、あるいは対戦するなかで感じてきた名パサー10選をお届けしたいと思います。

 編集部からの要請でランキング形式にしてみましたので、10位からのカウントダウンで発表していきます。

 まず10位は、元ガンバ大阪の【マルセリーニョ・カリオカ】選手です。

 このブラジル人MFのなにが凄いって、コーナーキックをアウトサイドキックで上げてしまうんです。なぜできたのか。足首の柔らかさと足の小ささが影響していたと思います。パスの弾道もいろいろ持っていて、優しさを感じるボールでした。またFKはドライブ回転をかける球種も蹴ってましたし、本当に凄かったです。ただ、実際のJリーグでは思うような結果に繋がるプレーが少なかったので10位にしました。
 
 9位は横浜F・マリノスの【扇原貴宏】選手です。

 彼のロングキックの弾道、精度は、いままでで見た選手のなかで抜けていました。低い弾道で速さもあり、ボランチから前線につけるインサイドパスも強いグラウンダーでとても綺麗でした。

 続いて8位にセレクトしたのは、サンフレッチェ広島の【青山敏弘】選手。

 扇原選手の場合は実際にセレッソ大阪でチームメイトとして感じた巧さでしたが、青山選手とは一緒にプレーはしたことがありません。対戦相手として向き合うなかで、同じくロングキックの精度の高さに舌を巻かされました。また、インサイドパスのミート技術、そしてそれを公式戦の緊張感があるなかで悠々とこなす凄さ。対戦しながらいつも、「いいキックしてるなぁ」と感じながら見ていました。

 さて次は7位。意外かもしれませんが、かつてジェフ千葉や広島で活躍した【イリヤン・ストヤノフ】選手にしました。

 2004年から05年にかけて対戦した際、彼はジェフでリベロのように振る舞って、最終ラインから前線までを貫くスルーパスを何度も通されました。そのなかでも、鮮明に覚えているのが05年のホーム最終戦で通されたスルーパスからの失点です。浮かせたパスではなく、グラウンダーで最終ラインから前線まで通してしまう度肝を抜くパスでした。
 
【関連記事】
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!【2021総集編】
異論は認めず!“my”ベスト11|クォン・スンテのプロフェッショナル精神は後世に伝えたい【記者の視点】
「トミヤスは真の掘り出し物だった」冨安健洋が現地メディアの“欧州新戦力ベスト5”に選出!「最高の補強だ」
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!【2021総集編】
「筋トレしないと運転できない!」神様ジーコが40年間も乗り続ける“セリカ”との秘話に英感動!「走行距離は驚きの…」【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ