• トップ
  • ニュース一覧
  • 異論は認めず!“my”ベスト11|クォン・スンテのプロフェッショナル精神は後世に伝えたい【記者の視点】

異論は認めず!“my”ベスト11|クォン・スンテのプロフェッショナル精神は後世に伝えたい【記者の視点】

カテゴリ:日本代表

内田知宏

2021年12月09日

大迫の価値はむしろ高まっている

内田記者選定の「myベストイレブン」。

画像を見る

 先日のJリーグアウォーズで発表された今季のベストイレブン。それとは一線を画すような11人を選ぶとするなら、どんな顔ぶれになるか。活躍度は込みだとして、印象的なプレー、人柄、将来性、単純な好み……選定基準はなんでもアリ。報知新聞社の内田知宏記者に、独自の視点で今季の「myベストイレブン」を選定してもらった。異論は、認めない。

――◆――◆――
 
FW 大迫勇也(神戸)
欧州よりもFW起用に執着してのJ復帰。日本代表でのプレーでは、世間から衰えを指摘される年齢に入ってきたが、味方にはチャンスを、敵には守る技量を、見る側には日本人が届かないだろうと思われていた1トップ像をもたらしてくれる。日本サッカーに対する価値はむしろ高まっている。

FW 大久保嘉人(C大阪)
東京Vで振るわなかった昨季に引退せず、C大阪で戦力として働いた今季で引退。荒々しさがカードの枚数や反感につながった時代もあったが、勝負に真剣な姿勢の裏返しだと分かると、頼もしくて仕方がなかった。「結果が出なければ引退」と臨んだ今季まで、感情を揺さぶられる数少ないストライカーであり続けた。

MF 旗手怜央(川崎)
DFの選手に、守っていて何が一番嫌かと問うと「倒れない、倒せない選手」と返ってくることが多い。まさにそんな選手。低重心で相手にぶつけられても倒れない、ボールを離さない。体格に恵まれた選手よりも、そうでない選手が踏ん張る姿には勇ましさを感じ、心に刻まれる。川崎の止まらない攻守に、欠かせなかった。

MF 荒木遼太郎(鹿島)
ドリブルを始める姿勢は本山雅志のシルエット。狭いエリアでのボールタッチは香川真司をほうふつとさせる。アクシデントを含めて、変化がなければなかなかゴールが生まれない時代。プロ2年目にして、何度も作り出していた。きっと海外へと飛び立つ日も近いだろう。今のうちに目に焼き付けておきたいと思わせる選手だ。

MF 三竿健斗(鹿島)
ホーム最終節、サポーターへ向けたスピーチが印象的だった。「サッカーの初歩的なことだけを追求しても、タイトルを取り続けられるチームには、僕はなれないと思います」。真意は分からないが、相馬直樹監督の指導を批判したとも受け取れるメッセージ。発する時と場所を選べ、批判は良くないという意見もあるだろうが、鹿島には「勝てる秘訣がある」と思って移籍してきた選手の苦悩と覚悟が感じられた。これを聞いてから今季のプレーを見返すと違った見え方となる。
 
【関連記事】
異論は認めず!“my”ベスト11|日本人最高峰の名手がイニエスタと中盤で組むとどうなるか【記者の視点】
異論は認めず!“my”ベスト11|美しく、正確で、意外性に富んだGX10の魔法の左足。まだJで見たい【記者の視点】
日本のファンが見せたモンゴル代表への振る舞いに中国メディアが驚き!「意外なことに…」【2021総集編】
「なぜキョウゴを守らない?」古橋亨梧への“ダイバー批判”にセルティックへ異例の要求!「日本人が歓迎されない嫌な国だと…」
まさかの大誤審にC・ロナウドが腕章を叩きつけてプッツン!主審はミスを認める「恥ずかしい」【2021総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ