「トミヤスには厳しい試験だが…」冨安健洋が挑む“現在の世界最高選手”との対決に英紙注目!「寡黙かつ勤勉、アーセナルで感銘を与えている」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年11月17日

「自信満々にアンフィールドに行ける」

日本代表で2試合フル出場をした冨安は、週末にリバプール戦に挑む。 (C)Getty Images

画像を見る

 大事なワールドカップ予選2試合を終えたのも束の間、冨安健洋には週末に再び重要な試合が待っている。11月20日のプレミアリーグ第12節、敵地アンフィールドでのリバプール戦だ。

 英紙『Evening Standard』は16日、アーセナルに加入してから活躍している日本代表DFを取り上げ、リバプール戦という「最もタフなテスト」に臨むと報じている。

 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールの前線には、モハメド・サラーという強敵がいる。同紙はサラーを「現在の世界最高選手」と評し、「トミヤスに厳しい試験が約束されている」と伝えた。

「だが、アーセナルで力強いスタートを切り、日本代表は自信満々にアンフィールドに行ける」

【W杯アジア最終予選PHOTO】オマーン0-1日本|期待の三笘の突破から伊東が決勝点!

 実際、冨安がノースロンドンの地ですぐに活躍してきたのは周知のとおりだ。同紙は、アーセナルがこの23歳に満足しているとし、「再建の大きな役割はクラブの文化と姿勢にあるが、トミヤスはここまで理想的にフィットし、その仕事と献身ぶりでスタッフを感銘させている」と称賛した。

「ピッチ内外で騒ぎがなく、彼は寡黙かつ勤勉に、一切問題を起こさず仕事に取り組む」

 記事は、冨安が幼少期に水泳をやっていたことや、ユース年代の代表で国外挑戦を決意した過去、シント=トロイデンを経て移籍したボローニャで成長を遂げたことなどを紹介。最後に、リバプール戦でも結果を出せば、さらにその立場は堅固になると報じた。

「トミヤスという星はアーセナルで高く上がり続けており、アンフィールドでも好パフォーマンスを見せれば、本当に主張できる」

 アーセナルは冨安がデビューしてからリーグ戦8試合で無敗。ここ2試合で白星がない4位リバプールに2ポイント差の5位に浮上している。真価が問われる敵地での大一番で、冨安は再び好プレーを披露することができるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】代表デビューの三笘薫が絶妙アシスト→伊東純也が2試合連発の千金弾

【PHOTO】敵地・オマーンで日本代表を応援するサポーターを特集!

【関連記事】
「落胆している」冨安健洋の加入で出番激減のポルトガル代表DFが“失望”を語る。現地メディアは「トミヤスに取って代わるのは難しい」
「古橋のチームメイトを獲れ」英メディアがセルティックに獲得を進言した日本代表戦士は? 躍動した三笘薫ではなく…
「前半は全く良くなかった」城彰二が森保Jの辛勝に問題点を指摘!「全然力が発揮できていない」と名指しした選手は?
「人々が敬意を払ってくれた。だが…」ポステコグルーが語る日本とスコットランドの“違い”「Jリーグの選手は非常にレベルが高い」
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ