【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月17日

なぜ日本に三笘のようなドリブラーがなかなか育ってこないのか?

果敢な仕掛けから伊東の先制点をアシストした三笘。後半頭から投入され、劇的に流れを変えた。写真:JFA提供

画像を見る

 日本がワールドカップ・アジア最終予選で3連勝を飾ったね。オマーンを相手にリベンジはしたものの、またもや1-0の1点差勝ち。引き分けになっていてもおかしくなかっただけに、なんとか2位に浮上して、やれやれ年も越せるという感じだね。

 前半の日本はオマーンのカウンター戦術にしっかりと嵌められてしまっていた。足もとのパスばかりでサイド攻撃でスピードに乗れない。頼みの伊東は研究されてスペースを与えてもらえなかったし、左からの攻めも機能しない。その結果、横パス、バックパスばかりが増えて展開がワンパターンになってしまった。

 このリズムを変えたのが紛れもなくA代表デビューの三笘だった。後半が始まって数分で、2、3回凄いドリブルを見せたら、もうオマーンの選手たちは左のほうに引っ張られちゃった。それで右の伊東が空き出して、オマーンの守備に穴が生まれて先制点につながっていったんだ。この試合のヒーローは間違いなく三笘だ。
 
 結局、パスをつなぐだけのサッカーは研究されたら通用しないのは分かっているのに、また同じサッカーをやって苦戦を招いている。幸い伊東というスピードスターがいて、なんとかチャンスはできていたし、ベトナム戦では得点も取ってくれていたけど、選手の特長がチームのガチガチに固められた戦術の中に埋没してしまっているんだよ。

 引いた相手にドリブルで仕掛けて崩せる選手がいればどれだけ効果的か。三笘が改めてそれを証明してくれたけど、逆に言えばなぜ日本にドリブラーが育ってこないのかもよく分かったよ。三笘のような選手を使わないからだ。さらに言えば、先発で使わないから。先発というのはステータス。ドリブラーにステータスを与えないから、いつまで経っても優秀なドリブラーが日本に出てこないんだ。

 もちろん、かつては日本にも凄いドリブラーがいたよ。例えば、今でもパッと思い浮かぶのはアントラーズにいた本山やフリューゲルスの前園。本山はA代表ではインパクトを残せなかったけど、3連覇した当時のアントラーズでは誰も彼を止められなかった。前園も高卒でプロに入ってすぐに頭角を現わして活躍したね。

 でも今では、三笘のような選手はなかなか見ない。彼だって高卒ではプロになれず、大卒でプロに入っている。それはなぜかというと、ドリブルよりもパスを出せたり、守れたりするほうにばかり目が向いているから。それができないと、ドリブルがめちゃくちゃ凄くても試合では使われないんだ。選手の特長を生かすのが監督やGMの仕事だと思うんだけどね。チームの戦術に個性を埋もれさせてはもったいないよ。
 
【関連記事】
【日本1-0オマーン|採点&寸評】2試合連続決勝ゴールの伊東が勝利の立役者。ただMOMに選びたいのは…
「特殊なクロスを通した」決勝弾をアシストした三笘薫に、オマーン・メディアも感服!「後半からは別のゲームだった」
「13番がカッコ良く見えるよ」内田篤人が三笘薫を絶賛。同様に途中出場で評価したのは…
なぜ大迫、南野、長友をスタメンで使い続けるのか。オマーンに勝ってなお浮かび上がる疑問【編集長コラム】
「やっぱり日本が来た!」敵地オマーンで快勝の森保ジャパンを韓国メディアが絶賛!「復活を遂げた勇者たち」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ