「前半は全く良くなかった」城彰二が森保Jの辛勝に問題点を指摘!「全然力が発揮できていない」と名指しした選手は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月17日

「ガラッとチームが変わった」と評価したのは?

出場停止の守田に代わって先発した柴崎は、前半のみで交代となった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地11月16日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節で、日本代表は敵地でオマーンと対戦し、1‐0で何とか勝利を収めた。

 出場停止のMF守田英正に代えて柴崎岳が先発に復帰した以外は、11日のベトナム戦と同じスタメンで臨んだこの一戦、ボールを握りながらも、引いた相手を崩せない時間帯が続く。だが、途中出場で流れを変えた三笘薫が、81分に左サイドから供給したクロスを伊東純也が押し込んで均衡を破り、これが決勝点となった。

 試合後、自身のYouTubeチャンネルを更新した元日本代表FWの城彰二は、「結果的には勝って、ベトナム戦と合わせて勝点6を手にしたけど、内容的にはどうだったのか」と切り出し、「(ベトナム戦から)メンバーをほぼ変えなかったが、前半はまったく良くなかった」と問題点を指摘している。
 
 まず左サイドで先発した南野拓実については、「全然力が発揮できなかった」とバッサリ。「ボールをもらっても抜けないし、連係も上手くいかない」と辛口だった。

 左SBの長友佑都に関しても「いいクロスが一本あったけど、守られた時に崩していく、クロスを入れていくというのが得意な選手ではないので、難しかった」と手厳しかった。

【W杯アジア最終予選PHOTO】オマーン0-1日本|期待の三笘の突破から伊東が決勝点!

 ベトナム戦後には「コンディションが20~30%に見えた」と語っていた大迫は、「ベトナム戦よりはコンディションが少し良くなった」としつつも、「シュートチャンスを作れなかった。彼の得意なポストで基点になるのはできていたけど、それでも足りないかな」と語っている

 そして、“固定メンバー”で臨んだ前半について、「距離感がなく、ボールを持てる分、オフ・ザ・ボールの動きや連係がなく、はまっていない印象。ボールや人が動くような連動性がないから、守っている相手を崩せない」と改めて課題をあげた。

 それでも、後半から入り、アシストをしたドリブラーについては称賛。「三笘が入ったのが一番大きかった。とにかく仕掛けられる。オマーンの守備陣は翻弄されて、崩れてきた。ガラッとチームが変わった」と評価している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「素晴らしい」とスペインメディアも絶賛! 伊東純也の千金弾を演出した三笘薫の絶妙アシスト

【PHOTO】敵地・オマーンで日本代表を応援するサポーターを特集!

【関連記事】
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…
「三笘薫の素晴らしいパスだ」窮地から2位浮上の日本代表にスペイン紙も驚愕!「久保建英なしで大復活を遂げた」
【日本1-0オマーン|採点&寸評】2試合連続決勝ゴールの伊東が勝利の立役者。ただMOMに選びたいのは…
「夢は終わった」森保Jにリベンジを許したオマーンのファンが嘆き!「最悪の状態の日本に勝てないとは…」
「13番がカッコ良く見えるよ」内田篤人が三笘薫を絶賛。同様に途中出場で評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ