【J1採点&寸評】仙台1-1名古屋|ともにJ1残留とACL出場へ痛恨の結果…「クバ」対決、軍配が上がったのは?

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2021年11月07日

仙台――終盤の決定機を決め切れず勝点1にとどまる

【警告】仙台=なし 名古屋=長澤(63分)
【退場】仙台=なし 名古屋=なし
【MAN OF THE MATCH】ヤクブ・スウォビィク(仙台)

画像を見る

[J1リーグ35節]仙台1-1名古屋/11月7日(日)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5

今季の悪癖である序盤での失点がまたしても見られたが、その後は守備が落ち着き、左サイドのスペースを有効に使えるようになり、同点に追いつく。後半相手の選手交代後の苦しい時間帯を耐えきり、終盤決定機もつくったが決めきれず、勝点1にとどまった。

【仙台|採点・寸評】 
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 7

特に後半何度もピンチがありながら、ファインセーブを連発。特に後半の前田の2本のシュートはいずれも決定的なものだっただけに、勝点1奪取に大きく貢献した。同じポーランド国籍で愛称も同じ「クバ」のシュヴィルツォクのシュートも止めた。

DF
25 真瀬拓海 5

試合の入りが悪く、何度も相馬にクロスを上げられ、失点に絡んでしまった。攻撃でも連戦の疲れからか精彩を欠いた。

16 吉野恭平 6
前半の入りでうまく周りを動かせなかったが、試合になれるにつれ、持ち味の身体を張った守備や正確なパス出しが見られ、最少失点でとどめた。
 
3 福森直也 5.5
決定的なピンチを防ぐ場面もあったが、失点場面では一瞬の対応の遅れが見られた。試合終盤、中原のCKからヘディングに競り勝ち、赤﨑のシュートに持ち込んだのは良かったが、オフサイドで惜しくも得点ならず。

14 石原崇兆 6
対面のマテウスと宮原の間にできたスペースにうまく入り込み、攻撃によく絡んだ。後半は相手の攻勢に苦しむ場面もあったが、守備でも奮闘した。

MF
17 富田晋伍 6(68分OUT)

後半開始早々マテウスへの激しい守備で西村のボール奪取につなげ、持ち味の球際での強さが得点につながった。また攻撃につながるパス出しも意識的にできていた。

6 上原力也 5.5(82分OUT)
特に前半、長短の精度の高いパスから決定機をつくり出し、フリーキックで直接ゴールも狙ったが、得点にはつながらず。守備では失点場面で誰をマークするか不明瞭になり、その他不用意なボールロストも見られた。
 
【関連記事】
【J1残留争い】横浜FC、仙台、大分が崖っぷち! 次節、J2降格の可能性も… 湘南は15位に浮上
【ACL争い】横浜が3位以内を確定。浦和との直接対決を制した鹿島が4位に浮上し、名古屋が5位転落
【J1採点&寸評】横浜8-0FC東京|圧巻ハットの前田は存在そのものが戦術。長友は代表レベルなのか疑問
【J1採点&寸評】神戸1-0徳島|MOMは決勝弾の大迫!徳島は主導権を握り相手を上回る戦いぶりも、勝点が奪えず…
「アウトサイドでのパスがど変態すぎる」決勝点を演出したジュビロ遠藤保仁の妙技に反響拡大!「鳥肌が立った」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ