寺野典子 新着記事

内田篤人が力説した「世界との差」と「日本サッカー界の未来」。クラブW杯の大敗は自身にとってもひとつの転機に

「今日に限った話じゃないけど、南米と比べるとカウンターとゴール前の質は違うなっていつも思う。最後のクオリティがね。俺らは何回もバーに当てたし、チャンスの数じゃそこまで変わらなかったはず。日本が勝... 続きを読む

安部裕葵を落胆させたレアルのリアルな強度「苦しすぎて、キツすぎて。相手は涼しそうに…」

 感情的になることのなかった男が泣き崩れそうになっていた。  ゴール裏のサポーターのもとへ挨拶に行ったあと安部裕葵は、レオ・シルバに抱きかかえられるようにして、ロッカーへと歩いている。明らかに泣い... 続きを読む

劣勢の鹿島を救った男。逆転劇の立役者、クォン・スンテが自身3度目のクラブW杯に思うこと

 数々のピンチをそのセーブで防いできただけでなく、49分に決まった永木亮太の同点弾を演出したクォン・スンテ。自身3度目となるクラブワールドカップ出場は、苦しいスタートとなった。準々決勝で北中米カ... 続きを読む

かくしてアウェーゴール奪取は果たされた。柏木弾演出の興梠慎三と青木拓矢の狙い

[ACL準決勝 第1レグ]上海上港 1-1 浦和/9月27日/中国・上海体育場 ACL準決勝の第1レグ、浦和は破壊力抜群の上海上港を相手に、グループステージ時の対戦で採用した3バックではなく、国内での... 続きを読む

【後編】鹿島を支えるふたりのOBコーチ、柳沢敦と羽田憲司のいま。彼らの追求する指導者像とは?

 6月頭に新体制へと移行して以来、9戦連続不敗(8勝1分け)と快進撃を続けている鹿島アントラーズ。チームの指揮を執る大岩剛監督を支えているのが、柳沢敦と羽田憲司の両コーチだ。まだ若い彼らの指導者... 続きを読む

鹿島を支えるふたりのOBコーチ、柳沢敦と羽田憲司のいま。彼らの追求する指導者像とは?【前編】

 鹿島アントラーズのコーチ陣には、必ず日本人が就任している。「ブラジル人監督と契約する時には、必ず、日本人をコーチとするよう要請します。というか、その条件が飲めない監督とは契約はしない」  長年、... 続きを読む

自分が生きる形を再認識した岡崎慎司。監督交代からの2試合で「こうやって優勝したんだと思い出せた」

 チャンピオンズ・リーグ(以下CL)のラウンド・オブ16。2月22日に行なわれたセビージャとのファーストレグを1-2の敗戦で終えたレスターは、クラウディオ・ラニエリ監督の解任を決定した。昨季プレ... 続きを読む

伸び悩む大迫勇也の得点数。日本代表の鍵を握るストライカーが置かれた現状とは

 3月11日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガ23節。ケルンはインゴルシュタットとのアウェー戦に臨んだ。  現在、残留争いを繰り広げるインゴルシュタットは、一歩も引かないというようなアグレッシブな... 続きを読む

順調そうに見える原口元気が抱えるジレンマ。「ストライカーの役割を諦めたわけじゃない」

 上位争いをしながらも終盤に失速してしまった昨季のヘルタ・ベルリンだったが、今季はバイエルン・ミュンヘンに敗れたものの6節終了時点で2位につけ好調だ。  下位に低迷するハンブルクをホームに迎えた1... 続きを読む

辛口独メディアも魅了した大迫勇也がケルンで充実の日々「代表のことはまったく考えていない」

「15日前に所属クラブに連絡しなければならない。大迫がゴールを決めたのはそのあとだった」  9月29日、10月のワールドカップ・アジア最終予選メンバーを発表したハリルホジッチ監督は、現在ブンデスリ... 続きを読む

【日本代表】練習復帰の香川。“想い出の地”バンコクで語ったハリルジャパンの課題とは?

 9月3日、タイ・バンコク市内で17時半から初練習を行った日本代表。地元日本人学校の生徒100人と記念撮影を行ったあと、1時間ほどコンディショニング調整主体でのメニューを消化した。左膝の打撲の影... 続きを読む

【浦和】五輪、W杯…”世界”を経験せずに引退した鈴木啓太の夢の行方

「浦和の男で始まり、浦和の男で終わる」 2015年限りで、浦和退団が決まっていた鈴木啓太は、お別れセレモニーで、そう挨拶し、現役引退を表明した。移籍の噂もあり、実際にオファーも届いていた。201... 続きを読む

【磐田】他界した両親からの言葉が支えに… 魅惑のレフティ名波浩が指揮官としてJ1に帰ってくる!

 試合終了を告げる笛が鳴った瞬間、90分間たったひとり、立ち続けたテクニカルエリアで、指揮官は全身の力がフッと抜けたように両手を広げた。そしてベンチを振り返る。 「振り向いた瞬間に苦労をともにした... 続きを読む

【浦和】「シーズン最後に全員でアウォーズに行く」キャプテン阿部勇樹が示す新たな歴史を築く決意

「レッズが僕を必要としてくれていることを強く感じられたし、レッズでやるべきことがあるとも思った。レッズで新しい挑戦をしようと決断しました」  2012年1月、東京・渋谷で会った阿部勇樹は、イングラ... 続きを読む

【浦和】「黄金期」を知る鈴木啓太が歩む模索の日々

「やっぱりいいものですよね」  第1ステージ15節・清水戦の勝利後、埼玉スタジアムのピッチに整列し、浦和サポーターの歓喜の大合唱を聴く。4節の松本戦以降、試合出場から遠ざかっていた鈴木啓太は、その... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ