【浦和】「シーズン最後に全員でアウォーズに行く」キャプテン阿部勇樹が示す新たな歴史を築く決意

カテゴリ:Jリーグ

寺野典子

2015年06月21日

「築いたものが自分が辞めた後もレッズに根付けばいい」

主将として開幕前の苦しい時期もチームを力強く牽引した阿部。第1ステージ制覇は「通過点」と語る。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「レッズが僕を必要としてくれていることを強く感じられたし、レッズでやるべきことがあるとも思った。レッズで新しい挑戦をしようと決断しました」
 
 2012年1月、東京・渋谷で会った阿部勇樹は、イングランド・チャンピオンシップ(当時)のレスター・シティから浦和レッズへ復帰する決意について淡々と語った。
 
 前年、残留争いを経験するほど低迷していた浦和は、ペトロヴィッチ新監督の招へいとともに、阿部の復帰にチーム再建を託したのだ。
 
 阿部が浦和のシャツを着たのは2007年。リーグ王者に輝いたクラブの大型補強として騒がれた当時に比べると、ひっそりとしたニュースに思えたが、阿部自身には古巣復帰というような温もりや安心感はなかった。
 
「『自分がやらなくちゃいけない、変えなくちゃいけない』という強い使命感がある。アジア王者になった2007年のレッズには戻れない。新しいレッズを作ることが重要だと思う。そのために自分が嫌われ役になってもいい。なにかを成し遂げて、みんなで喜ぶためには、なりふり構っていられない。あと何年サッカーができるか分からないけど、やれることをすべて出し切っていきたい。
 何もかもがそう簡単に上手くいくわけじゃないと思うけれど、そういうなかで、どれだけ耐えて、ブレずにやれるか? 選手もそうだし、クラブもそう。そうやって築いたものが、自分が辞めた後もレッズに根付けばいい」
 
 阿部の覚悟を察したかのように、ペトロヴィッチ監督は彼をキャプテンに指名。阿部を主軸に置き、チーム改革へ乗り出した。次々と新加入選手が赤いシャツを身にまとい、若手も台頭するなかで、チームメイトの顔ぶれも大きく変わっていく。しかし、好成績を残しながらも、タイトルとは無縁の日々が続いた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ