アレハンドロ・アロージョ 新着記事

「マジョルカ時代を思い出す」日本代表における久保建英の問題点をスペイン人戦術アナリストが指摘!「特に気になったのが室屋の…」【現地発】

 サッカー選手の成熟度を測る物差しの一つが、そのパフォーマンスがチームによって変動しないかどうかだ。所属クラブで素晴らしいパフォーマンスを披露している選手が代表となるとパタッと活躍が止まるケース... 続きを読む

久保建英はなぜELで輝けたのか? 戦術アナリストが今後の可能性と課題を分析!「最適なポジションに、最強のライバルが…」【現地発】

 久保建英がビジャレアル入団後、初めてスタメンを飾ったヨーロッパリーグのシワススポル戦。ウナイ・エメリ監督は連戦に備えて主力を温存したが、その指揮官のローテーション導入が結果的に久保に理想の環境... 続きを読む

久保建英の起用法はどうなる? スペイン人戦術アナリストに直撃!「エメリが左利き3人を同時に使うかは疑問だ」【現地発】

 久保建英にとって、マジョルカは“試練の場所”でもあった。 ビセンテ・モレーノ監督が採用する戦術面でも、チーム全体のクオリティーという面でも、久保のような攻撃センスに長け... 続きを読む

スペイン人記者が選ぶラ・リーガ過去20年のベスト11「メッシ、C・ロナウドと3トップを組むのは…」【現地発】

 今世紀に入ってからラ・リーガを10度制したバルセロナ勢が監督を含めて7人という陣容となった。なかでも、その大半をエースとして牽引したリオネル・メッシは、「別格の存在」であり続けている。母国アル... 続きを読む

「乾貴士の登場でもはや“鬼門の地”では…」スペイン人記者が見たラ・リーガの歴代日本人選手【現地発】

 ラ・リーガにおける歴代の日本人選手を評価するうえで、分岐点となったのが乾貴士だ。 1990年代後半から日本人として初めてラ・リーガ1部の舞台に立った城彰二(バジャドリー)を筆頭に、西澤明訓(エ... 続きを読む

「途中交代16回はリーグ2番目」香川真司はなぜ輝きを失ったのか? スペイン人記者に訊く

 サラゴサは昨夏、ビクトル・フェルナンデス監督の強い要望を受けて香川真司の獲得に踏み切った。ファンの間では、新入団選手としてパブロ・アイマール(2006年夏に入団)以来のムーブメントが起き、その... 続きを読む

「“無形の貢献”こそ最大の魅力」なぜ岡崎慎司はウエスカに不可欠な存在となりえたのか? スペイン人記者が分析【現地発】

 新型コロナウィルスの感染拡大でラ・リーガの2部が中断するまで、ウエスカは間違いなく1部昇格に相応しい戦いを見せていた。その上り調子のチームにあって、岡崎慎司は開幕から常にハイパフォーマンスを披... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ