「DFラインが引いているのに遠藤と柴崎が…」日本代表の“戦術的欠陥”をスペイン人分析官が指摘!「試合から消えていた」選手とは?

カテゴリ:日本代表

アレハンドロ・アロージョ

2021年10月10日

問題は両SBの絡みが希薄だったこと

スペイン人戦術アナリストが指摘したサウジ戦の戦術ミスとは?写真:JFA/アフロ

画像を見る

 日本が痛い星を落とした。試合を通して選手たちを支配していたのが、ここで負ければワールドカップ出場権獲得に向けて苦境に立たされるという追い込まれた心理状態だ。あまりにもそれが強すぎて、戦う姿勢を示すことも、落ち着きを保つこともできていなかった。

 さらに良好とは言えないピッチコンディションも重なり、パスがなかなか繋がらず、ラインは間延びした。それはサウジアラビアも同様で、結果的にトランジションが速い試合展開になった。

 日本は守備的なゲームプランで臨んだ。ディフェンスラインを低めに設定し、相手のアタッカーに裏のスペースを与えないことを主眼に置いてプレーしていた。体格的に劣る日本は空中戦やコンタクトプレーで不利な戦いを強いられるが、このプランが功を奏して、背後にボールを入れられてピンチを招く場面は限られた。

【動画】サウジファンの行為に激怒し、客席に詰め寄る吉田麻也

 ただ問題は、そうした自陣に引いて守る戦い方を選択しながら、遠藤航と柴崎岳の両センターMFが相手のアタッカーがボールを受けにくると、それに釣られてポジションを離して食らいついてしまったことだ。チームとしての取り組みと、個の判断が一致していなかったわけだ。

 これではボールを奪っても、選手同士の距離感は適切に保たれていない。それが先述したようにパスが繋がらずラインが間延びする要因にもなっていた。

 サウジアラビアの攻撃陣のクオリティは決して高いわけではない。この試合でも雑なプレーが散見された。守備的なアプローチをするなら、ゴール前を固めて相手の攻撃を跳ね返し、カウンターを繰り出すという戦い方をチームとしてもっと徹底すべきだった。

 攻撃面でその守備の連動性の欠如による影響を受けたのが、酒井宏樹と長友佑都の両サイドバックだ。後半に入りサウジアラビアが攻勢をかけてくる中、日本は耐え凌いでいた。しかしそこから攻撃に転じてカウンターを仕掛けるには、両サイドバックの絡みが希薄だった。

 日本代表には強靭なフィジカルやスピードを武器とするストライカーも、個の能力で局面を打開するサイドアタッカーもいない。そんな中で相手守備を攻略するには複数の選手が有機的に絡む攻撃を展開する必要があり、そこでポイントとなってくるのがサイドバックの働きだ。しかし試合を通じてポジション取りが低く、とりわけ左の長友は攻撃に顔を出す機会は限られた。

【W杯アジア最終予選PHOTO】サウジアラビア1-0日本|ミスから痛恨の失点…!無得点に終わり、突破に向け痛すぎる敗戦!

【関連記事】
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」
「フルハシが26歳まで神戸にいたのは狂気」英国人記者が古橋亨梧のブレイクに驚愕! スカウト網の“欠陥”も指摘
「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!「国民の間で怒りの波を引き起こす」
自身のツイートが英国でもニュースに…前園真聖が反響に仰天「サッカーの母国は僕なんか知らないと思うけど」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ