河野正 新着記事

昌平は厳しいマークを切り崩せるか。土曜日に開幕する埼玉インターハイ予選の見どころをチェック!【高校総体】

 全国高校総体(インターハイ)のサッカー埼玉県予選は6月4日、46校が参加して開幕する。 プリンスリーグ関東の昌平と西武台が、埼玉のトーナメント戦に参陣するのは今季初。2019年から埼玉の出場枠... 続きを読む

浦和ユースは1年でプレミア復帰を果たせるのか。“阿部勇樹コーチ”がもたらす波及効果にも期待大

 昨季の高円宮杯JFA U-18プレミアリーグEASTで最下位に沈み、2013年以来9年ぶり2度目のプリンスリーグ関東1部に降格した浦和レッズユースが4月17日、浦和駒場スタジアムで帝京高(東京)... 続きを読む

名門・浦和レッズユースはなぜプレミア最下位に沈んだのか。熱血監督とともに描く再建へのポジティブな展望

 浦和レッズの下部組織のひとつで、育成年代の“長男”に当たるユースチームが、今季の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTで最下位となり、来季はプリンスリーグ関東1部に降格... 続きを読む

昌平高プロ入り3選手が合同会見! 選手権出場は逃すも、同校から6年連続12人目のJリーガー輩出

 来季のJリーグ加入が内定している埼玉・昌平高校サッカー部の3選手が22日、同校で会見した。 平原隆暉と井野文太の両MFがJ2ギラヴァンツ北九州へ、DF八木大翔がJ3福島ユナイテッドFCへ進むこ... 続きを読む

西武台はいかにして浦和南の堅陣を打破したのか。期待がかかる埼玉県勢、40年ぶりの選手権制覇

 第100回全国高校サッカー選手権埼玉大会は11月14日、埼玉スタジアムで西武台と浦和南による初顔合わせの決勝が行なわれ、西武台が延長の末1-0で競り勝ち、11年ぶり4度目の優勝を遂げた。 西武... 続きを読む

驚異の男・桜井直人が貫いた生きザマ。45歳、“ドリブル修練所”に込めた強烈なこだわりとイズム

 生まれ育った地元の人気クラブ、浦和レッズでプロのキャリアをスタートさせた桜井直人は、ヴェルディ川崎と東京ヴェルディ、大宮アルディージャでドリブラーとして活躍。引退後は古巣の大宮と浦和で普及活動... 続きを読む

5連続ウノゼロ勝ちで埼玉初制覇!本命・昌平も破った正智深谷、OBの“オナイウ超え”で全国優勝も視野に

 初戦の2回戦から「1-0」というスコアが1つ、2つ、3つと続いていった。優勝候補筆頭の昌平を負かした準決勝で4つ目を数えると、武南を倒した決勝が締めくくりとなり、記録はとうとう5つまで伸びた。... 続きを読む

前回8強の昌平が埼玉2連覇を達成!指揮官は「また埼玉スタジアムへ戻ってきたい」と全国優勝への想いを明かす

 第99回全国高校サッカー選手権埼玉大会最終日は15日、埼玉スタジアムで昌平と武蔵越生による初顔合わせの決勝が行なわれ、昌平が3-0で快勝し、2年連続4度目の優勝を遂げた。2連覇は第94、95回... 続きを読む

“赤い彗星”金古聖司はいま──。高校サッカー部監督として美学を貫く40歳の「埼玉奮闘記」

 埼玉の本庄第一高校女子サッカー部は、1993年度の第2回全日本高校女子選手権大会を制した古豪で、国際Aマッチ96試合に出場した元なでしこジャパンの名GK山郷のぞみ、主将としてアテネ五輪など多く... 続きを読む

埼玉の高校サッカー界に新風を吹き込むか。浦和ユース出身の青年監督と県立・川口青陵の挑戦

 ささやかな照明器具の下で、熱気を帯びる薄暮の練習。前夜の雨であちこちに水たまりが残り、土のグラウンドは荒くて重かった。傍らには水を何度も吸い取り、どす黒くなったスポンジが置かれていた。  第9... 続きを読む

戦い方が長続きしない浦和、強化部刷新で今度こそブレないチーム作りを実現できるか? 

 J1残留争いの渦中にある浦和レッズが11月26日、強化部の体制を刷新する人事を早々と発表。陣頭に立つ新執行部は、業務が広範だった従来のGM職とは一線を画し、トップチーム専従班とも言える役回りを... 続きを読む

圧倒的な攻撃と盤石の守備。埼玉の雄、昌平はいかにして夏の屈辱からV字回復を遂げたのか【選手権】

 第98回全国高校サッカー選手権・埼玉大会は11月17日、埼玉スタジアムで決勝が行なわれ、昌平が西武台に4-0で快勝し、2年ぶり3度目の優勝を遂げた。昌平は最近6年間ですべてベスト4以上に入り、... 続きを読む

伝説のOBたちがいま明かす、埼玉サッカー界が誇る“鬼マツ”松本暁司の奥深き生きざま──

 埼玉・浦和南高校創立時からサッカー部を指揮し、32年間の奉職中に多くのタイトルを獲得した。数多の名選手を育て上げた“鬼マツ”こと、松本暁司先生が9月2日、85歳で死去。... 続きを読む

【総体|埼玉代表】名を捨てて実を取る! 西武台はいかにして全国屈指の激戦区を制したのか

 全国高校総体(インターハイ)の埼玉予選は、 “名を捨てて実を取った”西武台が、聖望学園に競り勝って4年ぶり8度目の優勝を飾った。本大会出場は、4年ぶり11度目となる。  ... 続きを読む

【総体予選】埼玉の高校サッカーがアツイ!「1枠」を巡る壮絶バトルを直前展望!

 全国高校総体(インターハイ)埼玉県予選が6月8日、関東大会予選のベスト8をはじめ、県リーグ出場校や地区予選を勝ち抜いた計52校が参加して開幕する。  昨年度まで高体連加盟校数の多い7都道府県では... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ