河野正 新着記事

埼玉の高校サッカー界に新風を吹き込むか。浦和ユース出身の青年監督と県立・川口青陵の挑戦

 ささやかな照明器具の下で、熱気を帯びる薄暮の練習。前夜の雨であちこちに水たまりが残り、土のグラウンドは荒くて重かった。傍らには水を何度も吸い取り、どす黒くなったスポンジが置かれていた。  第9... 続きを読む

戦い方が長続きしない浦和、強化部刷新で今度こそブレないチーム作りを実現できるか? 

 J1残留争いの渦中にある浦和レッズが11月26日、強化部の体制を刷新する人事を早々と発表。陣頭に立つ新執行部は、業務が広範だった従来のGM職とは一線を画し、トップチーム専従班とも言える役回りを... 続きを読む

圧倒的な攻撃と盤石の守備。埼玉の雄、昌平はいかにして夏の屈辱からV字回復を遂げたのか【選手権】

 第98回全国高校サッカー選手権・埼玉大会は11月17日、埼玉スタジアムで決勝が行なわれ、昌平が西武台に4-0で快勝し、2年ぶり3度目の優勝を遂げた。昌平は最近6年間ですべてベスト4以上に入り、... 続きを読む

伝説のOBたちがいま明かす、埼玉サッカー界が誇る“鬼マツ”松本暁司の奥深き生きざま──

 埼玉・浦和南高校創立時からサッカー部を指揮し、32年間の奉職中に多くのタイトルを獲得した。数多の名選手を育て上げた“鬼マツ”こと、松本暁司先生が9月2日、85歳で死去。... 続きを読む

【総体|埼玉代表】名を捨てて実を取る! 西武台はいかにして全国屈指の激戦区を制したのか

 全国高校総体(インターハイ)の埼玉予選は、 “名を捨てて実を取った”西武台が、聖望学園に競り勝って4年ぶり8度目の優勝を飾った。本大会出場は、4年ぶり11度目となる。  ... 続きを読む

【総体予選】埼玉の高校サッカーがアツイ!「1枠」を巡る壮絶バトルを直前展望!

 全国高校総体(インターハイ)埼玉県予選が6月8日、関東大会予選のベスト8をはじめ、県リーグ出場校や地区予選を勝ち抜いた計52校が参加して開幕する。  昨年度まで高体連加盟校数の多い7都道府県では... 続きを読む

『浦和のバンディエラ』山田暢久氏が指揮官に! 7部チームを率いる新米監督が悪戦苦闘の日々

 Jリーグ浦和レッズで活躍した山田暢久氏(43)が、今季神奈川県社会人リーグ1部に昇格したイトゥアーノFC横浜の指導を始めて2か月あまりが経過した。スター選手だった1年生監督は、J1から数えて実... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ