下部組織へ受け継がれる“鹿島の伝統”。小笠原満男アカデミー・アドバイザーの存在意義を中村幸聖新監督が語る

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年04月09日

小笠原氏は紅白戦にも参加。中村監督も効果を実感している

小笠原氏とプレーができるのはまたとない機会。選手たちにとっては”鹿島の教え”を直に吸収するチャンスだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨季、鹿島はアジア・チャンピオンズリーグを初制覇した。このタイトルがチームにとって通算20冠目。燦々と輝く金字塔は、常にトップを争ってきた常勝軍団の証と言えるだろう。

 そうした勝者のメンタリティーは下部組織にも受け継がれている。昨年、ユースは高校年代最高峰の戦い、U-18高円宮杯プレミアリーグEASTを制覇。惜しくもファイナル(WEST王者との優勝決定戦)は広島ユースに敗れたものの、改めて強さを誇示した。

 また、昨季のチームからは2名がトップに昇格。現在のチームを見てもプロ5年目の鈴木優磨やプロ4年目の平戸太貴などが台頭しており、勝利と育成の両輪を回しながら選手を育成しているのが伺える。

 さらなる人材の輩出が期待されるユースだが、2014年から指揮を執ってきた熊谷浩二監督が今季から強化部に異動。鈴木や平戸らをトップに送り出した指揮官の後釜には、ジュニアユースで指揮を執っていた中村幸聖監督が昇格した。

 クラブのOBでもある37歳の指揮官がどのような采配を揮うのか。注目が集まるなか、“鹿島のレジェンド“も新チームの強化に関わっている。それが昨季限りで引退した小笠原満男アカデミー・ダイレクターだ。
 
 キャプテンとして数々の歴史を作ってきた小笠原氏は育成組織全体を見つつ、ユースの練習にも参加。選手とともに紅白戦へ加わり、言葉だけではなく、実際のプレーを通じて選手たちに“常勝鹿島”の教えを伝えている。
 
 中村監督も「多くのタイトルを獲得してきたキャプテンで、トップを走ってきた歴史をプレーや練習を通じて伝えてもらっている」と話し、「一緒にボールを蹴っても、紅白戦をやっても、激しくプレーをしてもらっています。口だけではなく、実際に身体で伝えてもらっている」とした。

 小笠原氏との関わりはチームにとってプラスの材料。「もっと貪欲に僕自身も含めて、盗めるものは全部盗みたい」と選手だけではなく、コーチングスタッフにとっても学びの機会になっているという。
【関連記事】
【高円宮杯U-18】青森山田が流経大柏を開幕戦で撃破!EASTの優勝候補・清水は勝利も、WESTでは…
【U-18高円宮杯】プレミアリーグが開幕!選手権4強の尚志高が染野のゴラッソ3発で柏に快勝!!
衝撃のハットトリック――。尚志のプロ注目FW、染野唯月がプレミアリーグ開幕戦で示した成長の跡
Jクラブスカウトが今年の高校サッカー界の注目銘柄を査定!!「大迫勇也を超えるかもしれない」と評価された逸材は?
【選手権】来季の飛躍が期待される逸材を厳選!冬の檜舞台で台頭した下級生ベストイレブンを発表!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ