【ミラン番記者】本田圭佑がセリエAで「MF」扱いされない理由

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2017年05月17日

今シーズンのミランは「ラッキー」だ!

ミランがシステムを変えたアタランタ戦も、本田には出番が訪れなかった。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 次節のサン・シーロでの最後の試合(5月21日のボローニャ戦)を目前に、来シーズンへの模索と、今シーズンの現実との間で本田圭佑は生きている。
 
 それにしても、今シーズンはラッキーである。もちろんミランにとってだ。ここ5試合で獲得したのはたった3ポイントと普通ならば降格レベルの結果しか残せていないにもかかわらず、インテルをはじめライバルたちが同じく躓いているため、ミランは幸運にもいまだ6位に付けているのだ。
 
 このままこの順位を死守できれば、3年ぶりにヨーロッパの舞台に戻ることができる。チャンピオンズ・リーグ(CL)ではなくヨーロッパリーグ(EL)ではあるが、今シーズンの戦力を考えれば悪くない成績だ。
 
 ただ、天地がひっくり返るような事件でも起きないかぎり、来シーズンのミランに本田はいない。6月30日の契約満了をもっての退団が既定路線だからだ。EL行きが決まったとしても、彼はあまり嬉しくはないかもしれない。
 
 ミランが欧州カップ戦から遠のいていた3年間は、ちょうど本田がミランに在籍していた時期と合致する。2014年1月の加入直後、ミランはCLラウンド・オブ16でアトレティコ・マドリーと戦っているが、本田はすでに同シーズン前半戦にCSKAモスクワの選手として欧州の舞台でプレーしていた。UEFAの規定により、ミランではCLに登録できなかったのだ。
 
 ただその時はまさか、それが本田のミラン在籍中の唯一の欧州カップ戦であるとは想像すらもできなかったが……。
 
 そんな本田には最近、スペインのレバンテが強い興味を示しているようだ。今シーズンは2部リーグを戦っているが、来シーズンの1部リーグ昇格が決定済みで、クラブ幹部は移籍金ゼロでメディア&サポーター受けがする日本代表に大きな期待を寄せているという。個人的には前回のコラムで書いた通り、アメリカのMLSが一番のお薦めだが、欧州トップリーグに残れるという意味でも、こちらも負けず劣らずの新天地だと思う。本人はどう考えているのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ