安藤隆人 新着記事

【2014南関東総体】代表校の強さの秘密を探る|石川・星稜

 プリンスリーグ北信越では、いまだ無敗で首位を独走中だ。インターハイ予選も制した今年のチームのストロングポイントは、攻撃力にある。  昨年も2年生エースとして高い得点力を披露したFW森山泰希と、ベ... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校の強さの秘密を探る|中京大中京

 岡山哲也監督が就任し、4年目を迎える今年。「ようやく求めていたカラーになってきた」と言う指揮官がイメージする、中盤でショートパスを繋ぎながら、バリエーションある攻撃を仕掛けられるチームに仕上が... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校の強さの秘密を探る|鹿児島実

 苦しい道のりだった。9年ぶりの全国大会までの道のりは、長く、そして険しいものであった。  鹿児島実と言えば、これまで二度の選手権優勝を誇る名門中の名門であり、城彰二、遠藤保仁(G大阪)松井大輔、... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】序盤戦ベストプレーヤー10選|EAST

 高円宮杯U-18プレミアリーグは、5月11日までにEAST、WESTともに5節を消化。EASTは、清水ユースが5連勝と圧倒的な強さを見せつけて、2位の柏U-18に勝点5差をつけ首位を走る。一方... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|清水ユース編

 とにかく勢いが止まらない。開幕3連勝で迎えた4節の青森山田戦では、1-2でリードされた80分に、途中出場のMF柴田祐輔が同点ゴールを挙げ、89分にはMF西澤健太が逆転ゴール。  続く5節の鹿島ユ... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】5節ピックアップ・ゲーム[EAST]鹿島ユース 対 清水ユース

 前半、主導権を握ったのは、ホームの鹿島ユース(以下、鹿島)だった。  マンツーマン気味のディフェンスで、清水ユース(以下、清水)の得意とする中盤のパスワークを封じに掛かり、奪っては1トップの鈴木... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|鹿島ユース編

 昨年まで3年に渡って指揮を執っていたブラジル人のキッカ監督から今年、これまでユースコーチを務めていた熊谷浩二氏がバトンを受け、新監督に就任した。 「キッカ監督が3年間やってきたことを継続しながら... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|京都U-18編

 躍進が期待された今年のチームだったが、リーグ開幕以降、3節まで勝ち星なしという苦しいスタートを強いられた。 「正直、こういう展開になるのではないかという予感は少しありました。個の力が強いぶん、上... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|神戸U-18編

 昨年度のプレミアリーグWESTの覇者は、3節を終えて、2勝1分けの無敗で2位と、順調な滑り出しを見せている。  今年の神戸U-18(以下、神戸)は優勝候補の筆頭と目されている。それは昨年度のWE... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|名古屋U18編

 シーズン前、髙田哲也監督は今年のチームの問題点をこう指摘していた。 「今年はCBが人材不足で、守備が大きな課題になる。そのぶん、攻撃力で勝負していかないといけない面もある」。  しかし、ふたを開け... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】3節ピックアップ・ゲーム[WEST]名古屋U18 対 神戸U-18

 試合後、両指揮官が異口同音に語った。 「勝ち試合でもあったけど、負け試合でもあった」  双方が何度も決定機を作り出し、見せ場に溢れた好ゲームは結局、両GKのファインセーブやシュートミスによってゴー... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|市立船橋編

 昨年12月の参入戦を勝ち抜き、初の高円宮杯プレミアリーグの出場権を手にした。記念すべき開幕戦となったホームのJFAアカデミー戦は0-0のドロー。初勝利を懸けて臨んだ2節の東京Vユース戦は、チー... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|青森山田編

 青森山田は毎年、4月初旬のプレミアリーグ開幕戦では苦戦を強いられる。2012年は鹿島ユースに2-2、昨年は三菱養和SCユースに0-0と、ドローに持ち込んでいるとはいえ思うようなサッカーができず... 続きを読む

【U-18プレミアリーグ】1節ピックアップ・ゲーム[EAST]流経大柏 対 青森山田

 今春名古屋に入団したMF青木亮太、新潟で早くも存在感を放つMF小泉慶らを擁し、昨季高校勢として初めてユース世代の王座に就いた流経大柏は、今年もタレントが豊富に揃っている。「初戦で当たりたくなか... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ