川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部) 新着記事

鹿島が誇る「20歳の大器」の尋常ではないスケール感! 華麗なるCBの系譜に名を刻むか

 ガンバ大阪自慢の2トップ、アデミウソンとファン・ウィジョを黙らせた。すべてにおいてほぼ完璧な守備対応を見せる、とても20歳とは思えないスケール感だ。鹿島アントラーズが誇る20歳の大器、町田浩樹... 続きを読む

新生ガンバで指揮官ツネが明快にしたかった色──それが秘蔵っ子の“ヤン”だった

[J1リーグ・18節]G大阪1-1鹿島/7月28日/吹田S  指揮官・宮本恒靖は、勝負師である。J1の采配デビュー戦で、それが鮮明に描き出された。  センターバックだった現役時代は、局面局面での最適... 続きを読む

【J1採点&寸評】G大阪1-1鹿島|ツネ新監督が巧みな手綱捌き。MOMは鹿島が誇る20歳の大器CB!

[J1リーグ18節]G大阪1-1鹿島/7月28日/吹田S 【チーム採点・寸評】G大阪 6攻守両面で終始アグレッシブな姿勢を貫いた。球際の激しさ、ダイレクトパスの多用、さらには遅攻・速攻の効果的に使... 続きを読む

ガンバのすべてを一変させた! 新指揮官、宮本恒靖はやはり只者ではなかった

[J1リーグ・18節]G大阪1-1鹿島/7月28日/吹田S  突然の監督就任が決まった直後、宮本恒靖はひと言、こう答えた。 「みんなで頑張ります」  決意、使命感、高揚感、不安、そして重圧。すべてがこ... 続きを読む

【Jリーグ25周年】パトリック・エムボマ~“浪速の黒豹”の愛称はこうして生まれた

 1997年春、編集部の電話が鳴った。声の主は、ガンバ大阪の広報部長だ。  私はまだ駆け出しの編集記者で、ガンバの担当になったばかり。正直、当時の広報部長は少しばかり怖かった。新任の挨拶をした際、... 続きを読む

日本代表新監督・西野朗はいかにして、ガンバ大阪を強豪に鍛え上げたのか

 日韓共催のワールドカップ開幕を5か月後に控えた2002年1月、ダンディズムの塊のような新指揮官が万博の地を踏んだ。  その第1声を聞き、鳥肌が立ったのをいまでも覚えている。 「なぜこのチームが勝て... 続きを読む

二川孝広が栃木SCへ決意の移籍!「オグリ&フタ」の黄金コンビが12年半ぶりに復活!

 Jリーグの選手登録期限が2日後に迫る3月29日、栃木SCが新加入選手を発表した。東京ヴェルディのMF二川孝広だ。ガンバ大阪からのレンタル契約3年目だったが、今回は今季終了までヴェルディから貸し... 続きを読む

金曜開催のJリーグは新機軸となりうるのか? 賛否両論、クラブ側の本音を聞いた

 J1リーグの開幕から、およそ1か月が経った。  サンフレッチェ広島や名古屋グランパスの快進撃があれば、新たに参戦を果たした外国籍選手や中村敬斗(ガンバ大阪)、菅原由勢(名古屋)ら若き逸材が出色の... 続きを読む

年商220億円超で新規上場! 元Jリーガー社長が見据える「サクセスストーリーのその先」

 期待と希望に満ち溢れてプロの世界に飛び込んだものの、厳しい生存競争にさらされ、若くしてスパイクを脱ぐ選手は少なくない。20代前半で人生を仕切り直すにしても、サッカー界にとどまって指導者の道を歩... 続きを読む

ガンバが獲得した「5番目の助っ人」はモデルチェンジの特効薬となれるのか

 プレシーズン中の嫌な予感が現実のモノとなった。  ブラジル人指揮官のレヴィー・クルピを招聘し、攻撃的なスタイルへの転換を図るガンバ大阪だが、新チームは始動直後から試行錯誤が続いている。J1で開幕... 続きを読む

【追悼】名優・大杉漣さんが語ってくれた「深すぎるフットボール愛」

 2月21日、ひとりの名優がこの世を去った。名バイプレーヤーとして老若男女を問わず人気を博した大杉漣さん。享年66。その早すぎる突然の訃報に、日本中が悲しみに包まれた。  一度だけ、取材をさせてい... 続きを読む

ヘディングの達人、秋田豊が戦慄を覚えた「5大エアバトラー」は誰だ!?

 元日本代表の秋田豊と聞けば、サッカーファンはどんなイメージを抱くだろうか。  鹿島アントラーズで栄華を極め、キャリアの終盤は名古屋グランパス、京都サンガでプレー。日本代表としてはあの「ジョホール... 続きを読む

「この仕事にやりがいを感じている」古巣に舞い戻ったミスターガンバの波乱万丈

 およそ4年ぶりの帰還だ。「こんなに早く戻ってくるとは思ってなかったんで」と照れながら、微笑を浮かべる松波正信。ピッチ内外で改革が進む2018年のガンバ大阪にあって、元祖ミスターガンバは、アカデ... 続きを読む

浪速の至宝、宮本恒靖はガンバ大阪の近未来をどう見据えているのか

 宮本恒靖にとって2017年シーズンは、試練の連続だった。ひょっとしたら、サッカー人生においてもっとも苦難に満ちた1年だったかもしれない。  J3を戦うガンバ大阪U-23の監督に抜擢されたが、与え... 続きを読む

ガンバ大阪、強化のエキスパートが明かす「クルピ招聘の狙いと補強のこれから」

 1月22日にキャンプ地である沖縄に到着し、いよいよ本格始動した新生・ガンバ大阪。過去2シーズンは無冠に終わった。クラブスローガンを『奪還』と定め、レヴィー・クルピ新監督の下で捲土重来を期す。  ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ