総勢14名はJリーグ屈指! なぜガンバ大阪はOBたちの“帰還”を推進するのか

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年03月24日

松波GM、ツネ監督、さらには明神に和道も

左上から時計回りで、松波、宮本、明神、藤ヶ谷、森下、山口の各氏。現在のガンバには総勢14名のOBが籍を置いている。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 何年かぶりに、懐かしい顔と再会した。

 柏レイソル、ガンバ大阪、名古屋グランパスと渡り歩き、昨年末、AC長野パルセイロで現役生活にピリオドを打った明神智和である。42歳とは思えない清々しい笑顔を見せ、新しいチャレンジに胸を躍らせている様子だった。今季から古巣ガンバに舞い戻り、指導者としてのキャリアをスタート。いきなり名門ジュニアユースのコーチに抜擢登用されたのだ。

 指導者ライセンスはすでにB級まで有しているが、実際のコーチ経験は皆無に等しい。そんな明神が、中学1年生のチームを担当する。関西全域のジュニア年代でお山の大将だった少年たちが、晴れて正式にJリーグ下部組織の一員となる難しいタイミング。Jリーグで確固たるキャリアを築き、日本代表としても奮闘した名ボランチは、まさにピッチ内外でプロの鑑だった。その人間性こそが、U-13チームの指導者に問われる不可欠な資質なのだという。2015年に宮本恒靖がガンバに帰ってきた際も、まずはU-13の指導を託された。

 かつてガンバのトップチームで名を刻んだOBたちが、次から次へと帰還を果たしている。今季は前述の明神が吹田に到着し、昨季はJクラブでの監督経験が豊富な森下仁志がU-23監督に、高木和道がユースコーチに就任した。現在クラブに籍を置く、トップ経験のあるOBは14名にのぼる。その顔ぶれと役回りは以下の通りだ。

和田昌裕(55歳/強化アカデミー担当参与)
島田貴裕(55歳/ユース監督)
森下仁志(47歳/U-23監督)
松波正信(45歳/強化アカデミー部長)
松代直樹(45歳/トップGKコーチ)
宮本恒靖(43歳/トップ監督)
明神智和(42歳/Jrユースコーチ)
山口 智(41歳/トップヘッドコーチ)
高木和道(39歳/ユースコーチ)
藤ヶ谷陽介(39歳/JrユースGKコーチ)
児玉 新(37歳/トップコーチ)
青木良太(35歳/強化アカデミー部スカウト担当)
中山悟志(38歳/強化アカデミー部スカウト担当)
大塚翔平(29歳/ジュニアコーチ)

 
 町中大輔や與貴行、安本真哉らトップ昇格を果たせなかった下部組織経験者を含めば、その総数はゆうに20名を超える。昨季はFCティアモ枚方(関西1部リーグ)に籍を置くOBコンビ、二川孝広と岡本英也もジュニアスクールで指導にあたった。

 鹿島アントラーズや浦和レッズなどもOBが多いクラブだが、チーム強化の中枢にこれだけの数のOBを据えているのは、なかなかレアなケースだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ