「考え方がストライカーっぽくなってきた」FC東京・長谷川監督の“賛辞”に永井謙佑はどう答えた?

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年07月08日

芽生えた責任感。FWで代表招集された自信

日曜日のG大阪戦、シュート2本で2ゴールを決めた永井。その決定力に磨きがかかる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ第18節]FC東京 3-1 G大阪/7月7日/味スタ
 
 七夕の雨空に、咆哮を轟かせた。まさに圧巻のハイパフォーマンスだ。
 
 7月7日に味の素スタジアムで行なわれたJ1リーグ第18節、FC東京vsガンバ大阪の一戦はホームチームの3-1快勝に終わった。開始5分に小野瀬康介のゴールで先制され、その後も拙攻が続いたFC東京。だが徐々にディエゴ・オリヴェイラにクサビが入るようになり、全体のラインを押し上げると、電光石火の2ゴールで瞬く間に逆転に成功する。
 
 まずは38分だ。左サイドのナ・サンホが単独で相手マーカーを振り切って、中央へパスを送る。これがディフレクトし、こぼれた浮き球を迷わずハーフボレーで叩いたのが、日本代表FW永井謙佑だ。ジャストミートしなかったが結果的に敵GK東口順昭の逆を突き、ゴールに吸い込まれた。さらに永井はその2分後、ふたたびナ・サンホの左サイドからのクロスにジャンプ一番、今度は豪快ヘッダーを炸裂させてゴールにねじ込んだ。
 
 鮮やかな2ゴールでゲームをひっくり返すと、永井は60分にもひと仕事。鋭くエリア内に飛び出して完璧なマイナスクロスを入れ、D・オリヴェイラの3点目をアシストしてみせた。チームの全得点に絡む奮迅の活躍で、味スタのホームサポーターを熱狂させたのである。
 
 殊勲のエースは、いつものように謙虚に語り出した。
 
「いや本当に、2点ともサンホが頑張ってくれたんで、僕は詰めるだけでした。次第に中盤がリズムを作ってくれるなか、上手くあの時間帯に逆転できて良かったです。ディエゴも上手く決めてくれましたし、あとは僕がサンホにアシストするチャンスもあったんですけど……。1点目はとにかく、叩けば(GKの)タイミングもずれるんで、思い切り叩きました」

 
 2017年のFC東京入団以降、自身初となる複数得点だ。これでルヴァンカップを含めて、直近の公式戦5試合で4発と当たりが出てきた。6月の日本代表2連戦では久々に招集を受けてゴールも挙げたが、そこからのチーム復帰後にラッシュを決め込んでいる。
 
 昨年から指揮を執る長谷川健太監督は、サイドが主戦場だった永井のゴールセンスを見抜き、すぐさまFWでの起用を決断。G大阪後の会見に臨んだ指揮官は、その“変化”についてこう話してくれた。
 
「謙佑は人がすごくいいんで、抜け出してシュートすればいいのにパスをしてしまう。昨年まではたびたびあったんですが、もっとゴールに向かってプレーしようよと話すなかで、彼自身の頭のなかもFWで行く、自分で決めなきゃいけないとなっていたんだと思う。あとは代表に呼ばれたのも大きいでしょう。FWで呼ばれて代表に入った自信ですね。それが、帰ってきてから見られるようになった。シュート練習でもすごく巧い。徐々に考え方が、ストライカーっぽくなってきたんじゃないかなと思う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ