多田哲平(サッカーダイジェストWeb) 新着記事

イニエスタが“4人目の元バルサ”フェルマーレンを語る。「もたらしてくれる」ものは?

 ヴィッセル神戸は7月27日、元バルセロナでベルギー代表のトーマス・フェルマーレンの加入を発表した。  新たに加わった世界的DFとのプレーを心待ちにしているのが、同じ元バルセロナのアンドレス・イニ... 続きを読む

イニエスタにとってバルサ戦は単なる“記念試合”ではない。あくまでも見据えるのは…

「本当に僕にとって大切な試合だった。バルサが日本に来て試合ができたことを喜んでいますし、自分にとってだけでなく、ファンのみなさんにとっても素晴らしい試合だったと思います。それに、このレベルの相手... 続きを読む

神戸入りした“4人目の元バルサ戦士”フェルマーレンは加入会見で何を語ったのか

 ヴィッセル神戸は7月27日、FCバルセロナとのRakuten CUPのキックオフに先駆けて、トーマス・フェルマーレンの加入記者会見を実施した。  契約書にサインしたフェルマーレンは、「このチームで... 続きを読む

【連載・東京2020】旗手怜央/後編「順大にいけばプロになるきっかけを得られると思った」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。  4回目は、力強いドリブルと豪快なシュートが持ち味の、大学屈指のアタッカー旗手怜央が登場。  ... 続きを読む

【連載・東京2020】旗手怜央/中編「“静学の10番“を背負えたのは”唯一の能力“があったから」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。  4回目は、力強いドリブルと豪快なシュートが持ち味の、大学屈指のアタッカー旗手怜央が登場。  ... 続きを読む

なでしこ選手たちが自ら立ち上げた、画期的な団体“なでケア”って何? 設立に至った理由は

 なでしこリーグ、なでしこジャパンおよび、そのOGたちが立ち上げた一般社団法人「なでしこケア」(通称なでケア)。その設立イベントが7月12日、行なわれた。 「女子サッカーの価値向上」と「地域や社会... 続きを読む

【連載・東京2020】旗手怜央/前編「大学屈指のアタッカーはいかに育ったのか。名門”静学”を選んだ理由」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。  4回目は、力強いドリブルと豪快なシュートが持ち味の、大学屈指のアタッカー旗手怜央が登場。  ... 続きを読む

「クレイジーな展開だった」ビジャが振り返った、神戸と名古屋の壮絶な乱打戦

[J1リーグ17節]神戸5-3名古屋/6月30日/ノエビアスタジアム神戸 ヴィッセル神戸は6月30日、J1の17節で名古屋グランパスと対戦。5-3で勝利を収めた。 スコアが示すとおり、試合は壮絶... 続きを読む

「これが世界か」イニエスタの鮮烈ミドルに、対面した“J屈指の潰し屋”米本拓司も驚愕

[J1リーグ17節]神戸5-3名古屋/6月30日/ノエビアスタジアム神戸  和泉竜司の同点ゴールが決まり、反撃の予感が高まっていた矢先の63分だった。  ペナルティエリア手前でこぼれ球を拾ったアンド... 続きを読む

【J1採点&寸評】神戸5-3名古屋|イニエスタ&ビジャの“スペインコンビ”が躍動!乱打戦で格の違いを見せつける

[J1リーグ17節]神戸5-3名古屋/6月30日/ノエビアスタジアム神戸 【チーム採点・寸評】神戸 6.5派手な打ち合いを制すことができた要因は、ビジャとイニエスタの個人技によるところが大きい。何... 続きを読む

“監督交代ブースト”の効果は切れた。再び最下位転落の鳥栖…真価が問われるのは、むしろここから

[J1リーグ15節]浦和2-1鳥栖/6月15日/埼玉スタジアム2002  サガン鳥栖は6月15日、J1の15節で浦和レッズと対戦し、1-2で敗れた。先制点を奪い、その後同点とされながらも、豊富な運... 続きを読む

“ミスターレッズ”と並び“キングカズ”を超えた。浦和の興梠慎三が次に目ざすのはかつての同僚

[J1リーグ15節]浦和2-1鳥栖/6月15日/埼玉スタジアム2002  浦和レッズは6月15日、J1の15節でサガン鳥栖と対戦。18分に先制点を献上するも、31分に同点とすると、後半アディショナ... 続きを読む

【J1採点&寸評】浦和2-1鳥栖|興梠が劇的な決勝弾!大槻監督はやはり“持っている”

[J1リーグ15節]浦和2-1鳥栖/6月15日/埼玉スタジアム2002 【チーム採点・寸評】浦和 6先制点を献上するも、31分には岩武のクロスを起点に同点にすると、後半アディショナルタイムに逆転ゴ... 続きを読む

【東京五輪世代の最新序列】堂安?久保?三好?シャドーが最大の激戦区!U-20W杯メンバーも台頭

 6月14日に開幕するコパ・アメリカに臨む日本代表23名には、東京五輪世代から18名が選ばれている。またトゥーロン国際では、残りのメンバーで構成されたU-22代表が初の決勝進出を果たせば、ポーラ... 続きを読む

すっかり代表ユニホームが似合う男に。“急成長中のスピードスター”伊東純也の進化は止まらない

[キリンチャレンジカップ]日本2-0エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城「ロシア・ワールドカップ、選ばれる自信はあるか」 2018年4月、伊東純也は物憂げそうにこう答えた。「もちろ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ