ワールドサッカーダイジェスト編集部 新着記事

「我々は真剣に受け止めている」“笑気ガス吸引”疑惑のラカゼットにアーセナルは罰金処分を検討か

 ロックダウン中のプライベートな問題が騒がれたサッカー選手は少なくない。アーセナルのアレクサンドル・ラカゼットもそのひとりとなった。 英紙『Daily Star』は5月17日、風船を使って笑気ガス... 続きを読む

「メッシとC・ロナウド抜きとは驚きだ」レバンドフスキが選んだ“ワールドクラスのCF5人”が波紋!

 ブンデスリーガが新型コロナウイルスの影響による中断から再開された。王者バイエルンは5月17日に敵地でウニオン・ベルリンと対戦する。得点ランク首位に立つエースのロベルト・レバンドフスキは、今季2... 続きを読む

「自己批判すべき」「助けようとしたのに…」前アーセナル指揮官エメリがエジルとの確執を語る!

 昨年11月にアーセナルの監督を解任されたウナイ・エメリが、英紙『Guardian』のインタビューで、メスト・エジルについて話している。 主力を担うはずだった元ドイツ代表MFとはたびたび確執が伝... 続きを読む

「孤独を感じた」「4人の主将が全員…」指揮官エメリがアーセナル時代の苦悩を告白!

 シーズン途中に成績不振で解任されたウナイ・エメリが、1年半に及ぶアーセナルでの経験を振り返った。 英紙『Guardian』のインタビューで、スペイン人指揮官は、「1年目はかなりうまくいった。『... 続きを読む

イブラやエトー、カシージャスなどレジェンド揃い!「1981年生まれ」でベスト11を組むと?

 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。その19回目は「1981年生まれ」を紹介する。 世界のフットボ... 続きを読む

「フェアに報道されていない」モウリーニョがプレミア再開先送り要求を否定! 不快感を示す

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、プレミアリーグの早期再開を望んでいることで、間違いないようだ。 一部メディアは、モウリーニョが5月13日に行なわれたリーグ監督協会の会議で、リーグ再開先... 続きを読む

「ホテルの部屋に侵入されたんだ!」元イングランド代表DFがFA杯メダルが試合当日に盗まれた過去を告白

 元イングランド代表のグレン・ジョンソンは、チェルシーやリバプールでプレミアリーグやリーグカップを制した。2008年には、ポーツマスでFAカップ優勝の快挙も経験している。 決してビッグクラブでは... 続きを読む

「2年目に仕事を放棄した」と中傷されたテベスの代理人がG・ネビルに反論!「プロ意識を疑う」

 古巣マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ガリー・ネビルの発言に、カルロス・テベスの代理人を務めるキア・ジョオラビシアンが噛み付いた。 2007年から2シーズンにわたってユナイテッドでプレ... 続きを読む

「本を出している場合か!人が死んでるんだぞ」“腐ったリンゴ”F・メロがキエッリーニに再びブチ切れ!

 マリオ・バロテッリはジョルジョ・キエッリーニと和解した。だが、フェリペ・メロにその気はないようだ。 今回出版される自伝の中で、キエッリーニはバロテッリを「ネガティブな人間」と評した。しかし、イ... 続きを読む

「自分より完成されている」名手ピルロが“後継者”と目されるブレッシャの逸材を大絶賛!

 ブレッシャでプレーした元イタリア代表の名選手といえば、ロベルト・バッジョやアンドレア・ピルロの名前を思い浮かべる人が少なくないだろう。『Gazzetta dello Sport』紙や『Corrie... 続きを読む

「マジシャンだ」「神だね」「史上最高のMF」イニエスタのバルサ時代ハイライトに歓喜の声!

 元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタが、5月11日に36歳の誕生日を迎えた。 18年夏からヴィッセル神戸に所属するイニエスタだが、ご存知の通りその前はバルセロナで活躍。誕生日を受けて、4度... 続きを読む

「メッシはトップだけど、マラドーナは…」守備の名手カンナバーロがアルゼンチンの両雄を比較!

 中国の広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督は、いずれプレミアリーグなど欧州の主要リーグで指揮を執りたいと望んでいる。 英衛星放送『Sky Sports』のインタビューで、カンナバーロは「プ... 続きを読む

「腐ったリンゴめ」「面と向かって言え」キエッリーニに酷評されたバロテッリとF・メロが猛反撃!

 ユベントスでもイタリア代表でもキャプテンを務めるジョルジョ・キエッリーニの発言が議論を呼んでいる。代表のチームメイトだったマリオ・バロテッリ、ユーベの元同僚フェリペ・メロを自伝で酷評したのだ。... 続きを読む

「アーセナルがとても心配」「文化を尊重して」古巣が気になり過ぎるヴェンゲル、愛弟子アルテタについては…

 昨年11月から、FIFAの要職を務めている。だが、アーセン・ヴェンゲルが古巣アーセナルを気にかけていることは変わらない。 1996年から2018年までガナーズで指揮を執ったヴェンゲルは、3度の... 続きを読む

「観光客と思ったのは間違いだった」セリエAでプレーした日本人選手12人をイタリア・メディアが評価!

 サウサンプトンからサンプドリアに移籍して出場1試合だけだが、吉田麻也はイタリアの文化に適応しようとする姿勢をたたえられている。すでに何度かジェノバ弁を披露したのは既報のとおりだ。 イタリア・メ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ