【主な日本人海外組の前半戦通信簿|FW編】飛躍的な成長を遂げた南野はほぼ満点! その他に評価上げたアタッカーは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月28日

度重なる怪我に泣かされた宮市はついに

これまで怪我に泣かされてきた宮市。今シーズンは故障もなく、フル稼働している。 (C) Getty Images

画像を見る

宮市亮(ザンクトパウリ/ドイツ2部)…70点(よくやった)
【2019-20シーズン成績】※18節終了時点
ブンデスリーガ2部=18試合・1得点・4アシスト
DFBポカール=1試合・0得点・0アシスト


 先発を外れたのは1試合だけ。序盤は右サイドバックや2トップの一角としてプレーしたが、右ウイングのレギュラーとしてフル稼働した。これが特別な意味を持つのは周知の通り。度重なる怪我に泣かされてきた快足アタッカーがついに負傷もなく、定位置争いにも敗れずに、シーズン前半を戦い抜いたのだ。

 スピードを活かしたドリブルや飛び出しが光り、ここまで1ゴールながら地位は揺らいでいない。前半戦ラストゲームでは首位ビーレフェルトの撃破に貢献。8戦未勝利とチームが停滞した際も、自身を起用し続けてくれたヨス・ルフカイ監督の期待に応えた。
久保裕也(ヘント/ベルギー1部)…30点(不満が残る)
【2019-20シーズン成績】※20節終了時点
ジュピラー・プロ・リーグ=6試合・0得点・0アシスト
ヨーロッパリーグ=1試合・0得点・0アシスト
ヨーロッパリーグ予選=4試合・2得点・1アシスト
ベルギーカップ=1試合・1得点・1アシスト


 ニュルンベルクからレンタルバックされた今シーズンは、プレシーズンで結果を残せず。ヨーロッパリーグの予選では出番が与えられていたが、リーグ開幕後はほとんど出場機会を得ることができず、カップ戦要員に甘んじている。

豊川雄太(オイペン/ベルギー1部)…30点(不満が残る)
【2019-20シーズン成績】※20節終了時点
ジュピラー・プロ・リーグ=15試合・1得点・1アシスト
ベルギーカップ=1試合・0得点・0アシスト


 序盤戦は昨シーズンの勢いそのままに、レギュラーとしてプレー。しかし、シーズンが進むごとに少しずつ先発から外れる機会が増え、勝利に貢献することができなかった。12月26日にはセレッソ大阪への移籍が決まった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ