• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】札幌2-1仙台|小柏は試合の流れを変えるJ1初得点。ジェイの勝負強さはMOMに値

【J1採点&寸評】札幌2-1仙台|小柏は試合の流れを変えるJ1初得点。ジェイの勝負強さはMOMに値

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月24日

仙台――加藤はルヴァン杯からの“連発”

MF
26 加藤千尋 6.5(63分OUT)
クロスに対して相手守備陣の前にうまく入り込んで先制点をゲット。21日のルヴァンカップに続く得点はリーグ戦初ゴール。

MF
20 マルティノス 5(63分 OUT)
攻守にわたって献身的なプレーを試みていたようだが、相手の脅威にはなりきれず。動きが悪かったわけではないのだが。

FW
15 西村拓真 6(82分OUT)
無得点だったものの、この選手の縦への意欲はやはり相手守備陣を常に揺さぶっていたように見えた。

FW
11 赤﨑秀平 5.5(82分OUT)
広く動いて攻撃に厚みをつけるべくパスを呼び込んでいたが、そこから先のプレーへとうまくつながらなかった。
 
途中出場
DF
4 蜂須賀孝治 6(63分 IN)
ベンチとしてはこの選手の投入でサイド攻撃をより強めたかったはず。ただし、惜しい形は見られたが、得点にはつながらず。

FW
32 氣田亮真 5.5(63分IN)
蜂須賀と同時投入され、攻撃に勢いをつけたかったが、良い形で攻撃に関与する回数はあまり多くなかった。

DF
5 アピアタウィア久 5(71分IN)
投入時に3バックへ変更。相手のジェイを封じるための投入でもあったが、自身のパフォーマンス云々よりもジェイが見事だった。

FW
19 皆川佑介 ―(82分IN)
敵地で勝点3の獲得を目論むべく前線に投入されたが、シュートが打てないまま試合が終わった。

MF
18 中原彰吾 ―(82分IN)
古巣とのアウェーゲームでモチベーションは高かった様子だが、良い形でボールを受けられなかった。

監督
手倉森誠 5
同点にされてから積極的に策を打っていったところは経験値を感じさせた。内容も向上している印象だが、勝利が欲しかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】あなたはどのデザインが好み?2021年J1全20クラブのトレーニングウェアを一挙紹介!
 
【関連記事】
「クボの電撃ドリブルが霞んでいる」久保建英とバルサ有望株の1対1に現地注目!「彼の持ち味が…」
痛恨のリーグ3連敗。FC東京はいったいどうしてしまったのか
「イ・スンウを追い出した日本人が…」鈴木優磨のステップアップ移籍に韓国メディアも注目!「より大きな舞台でプレーする可能性が高い」
「ザーゴ監督がダメだったな、じゃなくて…」内田篤人が古巣鹿島の監督交代について語る!
「凄い収まる」大型FWが柏に降臨。ペドロ・ハウルがデビュー戦で見せた大器の片鱗

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ