【J1採点&寸評】横浜3-3広島|貪欲な姿勢で2発の前田大然がMOM!18歳ルーキーは今節も果敢な仕掛け

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2021年03月07日

広島――助っ人2トップがともにPKで1ゴール

D・ヴィエイラ(9番)がチーム3点目となるPKを決め、広島が再び2点差に。しかしリードを守り切れなかった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

MF
6 青山敏弘 5.5(73分OUT)

シンプルな球出しでチャンスメイク。後半に入ってやや息切れしたのか、ゲームコントロールできず。

14 エゼキエウ 6(56分OUT)
あきらめない姿勢でルーズボールを追いかけたことが奏功。見事なボール奪取でPKを誘発させた。

FW
9 ドウグラス・ヴィエイラ 6(67分OUT)

PKで1得点したが、前線で起点になりきれないためにチーム全体を押し上げることができなかった。

37 ジュニオール・サントス 6
圧倒的なフィジカルを生かしたドリブル突破で古巣相手に活躍。PKによる得点も落ち着いていた。
 
交代出場
MF
10 森島 司 6(56分IN)

スキルフルなプレーと相手が嫌がるポジショニングで存在感。昨季よりも実効性のあるプレーが増している。

MF
29 浅野雄也 6(56分IN)

スピードを生かした突破でチャンスを作り出す。ただしチーム全体として押し込まれる時間が長かった。

FW
23 鮎川 峻 5.5(67分IN)

得点が求められる状況だったが結果を残せず。次にめぐってきたチャンスでインパクトを残したい。

MF
30 柴﨑晃誠 5.5(73分IN)

プレータイムはそれほど長くなかったが、枠をきっちりとらえたミドルシュートで相手ゴールを脅かす。

MF
25 茶島雄介 5.5(73分IN)

同点で難しい時間帯に右SBの位置に入った。中途半端なパスを奪われてピンチを招いてしまった。

監督
城福 浩 5.5

前節から2列目の両サイドを入れ替えて試合へ。リードを生かし切れなかったことが悔やまれる。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)

【動画】横浜の前田大然が圧倒的なスピードでゴールを陥れる!
【関連記事】
【横浜】驚きの開幕スタメン抜擢の“高卒ルーキー”樺山諒乃介が王者相手に存在感を発揮!「もっと上に行きたい」と早くもプロの風格
【J1採点&寸評】名古屋1-0札幌|“背番号11の先輩”を彷彿させたアタッカーがMOM。無失点の守護神も高評価
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
横浜、ホーム開幕戦は壮絶な撃ち合いで広島と3-3ドロー。前田大然の2発などで2点ビハインドを追いつく
【清水】中山克広に代表される新戦力の充実ぶり。「やりそうだ」から「やるな」への手応え

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ