【J1採点&寸評】札幌1-0鹿島|指揮官の誕生日に花を添えた愛弟子ドリブラーがMOM!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月19日

鹿島――相手の粘り強い守備に決定機を作れなかった

MF
26 荒木遼太郎 5.5(60分OUT)

サイドから思い切りのよい仕掛けは見せていたものの、そこからの展開やフィニッシュが若干、雑になっていた。

7 ファン・アラーノ 6(60分OUT)
右サイドを主戦場に相手を脅かしてはいたものの、粘り強いマークとタックルに遭い、決定機は演出できず。 

FW
8 土居聖真 5.5(69分OUT)

ボールを持つと素早く囲まれてしまい、それを打開することがなかなかできなかった。歯がゆい内容だった。

9 エヴェラウド 5.5
惜しい場面もなかったわけではないが、プレー精度が僅かに足りず、相手守備陣に脅威を与えるには至らなかった。
 
交代出場
MF
6 永木亮太 5.5(60分IN)

相手の嫌がるエリアにボールを運んでいたものの、そこからのラストパスにもう少しの精度が欲しかった。

MF
27 松村優太 5(60分IN)

攻撃の活性化を期待されたものの、いい流れでボールを受けることができず、力を発揮できていなかった。

FW
36 上田綺世 5.5(60分IN)

アグレッシブに相手ゴールに迫り続けてはいたものの、プレーの質が足りず、勝点獲得に導けなかった。

MF
19 染野唯月 5.5(69分IN)

敵陣深くまで攻め入ってはいたものの、ゴール前で勝負強さを発揮できず、不発に終わった。

MF
11 和泉竜司 ―(77分IN)

中盤でのボールキープで攻撃に厚みをつけたい状況だったが、相手が守りを固めており、思うような展開に持ち込めず。

監督
ザーゴ 5

決して悪い入りではなかったが、そこでのひと押しが足りなかった印象。連動性を引き出すことができなかった。
   
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1】首位川崎がJ1新記録の11連勝!FC東京は3位後退、G大阪が4位に浮上。最下位湘南は7戦ぶり白星
【札幌】「勝って祝いたい」決勝弾の駒井も意識していた監督の誕生日。鹿島相手に初のシーズンダブルを達成!
【鹿島】「同じ練習をして、同じ意識を持って」総合値を高めるザーゴ監督の手綱さばき
勝ち越し点演出の久保建英、警告2枚でプロキャリア初の退場!ビジャレアルは“恩返し弾”2発でダービーを制す
三笘、旗手、坂元…まだいる2列目の人材。最前線ではベテランが存在感—―注目すべき国内の「A代表予備軍」【攻撃編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ